都庁ふくしま署名解雇を許さない会

都庁議事堂レストランで働く仲間が職場で福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を集めたら、突如解雇されてしまいました。小池都知事による政治的な解雇です。絶対に許せない!

Dc_MquHVwAAZps7
沖縄では平和行進が始まっています。
全国の青年・学生を先頭に「復帰46年」の沖縄で、昨日12日、沖縄大学学生自治会・IJBS労組などを先頭に国際通りをデモしました。

Dc-4EqGVQAAzpBb
右翼の妨害をはねのけて、沿道の人々と熱く合流!


全学連の報告動画です。



なんとデモ前の県庁前広場からの「前進チャンネル」



こちらは沖縄闘争の事前宣伝兼ねた「前進チャンネル」


夜は「復帰46年」沖縄集会。
Dc_ZfPVVQAALVGi
沖縄大学学生自治会委員長の赤嶺さんが基調提起。
。「今日のデモでは国際通りの店でバイトしている沖縄大学の学生が出てきて手を振ってくれた。でも学内ではなかなか声をあげられない。この現実を変えるのが今の課題です。韓国民主労総に続き、職場とキャンパスに革命を起こそう!」

Dc_QI-TVAAAV34s
安芸太田町町議会議員の大江厚子さんが米軍の低空飛行訓練を弾劾し改憲阻止を訴えました。
合わせてあと1時間で選挙最終日街宣を終える泉佐野市議会選挙の中川いくこさんへの応援アピール。

Dc_MllPU8AAmKd8
会場は全国からの結集で埋まりました。「琉球新報」にも取り上げられ、ビラをもってきた那覇市民の方も。
韓国・民主労総ソウル本部からのビデオメッセージで、国際連帯とゼネストの力で戦争を止めよう!の気持ちが固まりました。

Dc_d_nGVAAEdEFV
星野暁子さんがアピール。
1971年の沖縄ゼネストに連帯してその10日後に闘われた渋谷闘争の先頭に立ったのが星野文昭さんです。ゼネストの力で日米安保と地位協定を粉砕し、星野さんを取り戻そう。6.3高松デモに集まろう!

Dc_fc8vUwAEKXNd
復帰46年沖縄集会に集まった動労総連合を代表して、動労千葉の佐藤正和執行委員が、JR総連・東労組の崩壊と新たな外注化、業務再編攻撃の現状を報告し、闘う労働運動を拡大すると発言しました。
JR東日本の富田社長は安倍と打ち合わせをして東労組解体に乗り出した。これは戦後4度目の労働運動大再編。9月のUAゼンセンでは改憲案を決めようとしている。私たちが主流派になろう!」

Dc-BhctVwAA6PVv
昼間には、戦跡めぐりと並行して、沖縄IJBS労組支援共闘会議総会も。
富田委員長の3月末雇止めを撤回させるぞ!
新自由主義の島・沖縄を示す99%非正規のコールセンターに労働組合を作ってきたIJBS労働組合の支援共闘集会4人もの組合員が雇いどめされながら6年間闘い抜き、3月末の無機転換権を剥奪するための試験にストライキ!富田委員長の雇いどめに対して絶対反対で戦い抜き、団結を拡大しています。

今日は沖縄県民大会に参加します! 基地撤去を!

柿沼さんが大阪・泉佐野市の選挙の応援に行ったお便りです。
****************************

『こくがよしじ』さんの意思を引継ぎ
戦争絶対反対!改憲阻止を掲げ
闘う女性を国会へ
『中川いくこ』さんの応援に駆けつけました
DSC_4496

関西空港を軍事空港にさせない
今や世界戦争前夜です
労働者民衆の存在をかけて
闘う労働組合の復権を
中川いくこさんと共に作り上げていきましょう
DSC_4501


DSC_0022

選挙の時だけ主人公
選挙が終わったら奴隷
こんな社会はおかしい
絶対に間違っています
安倍を監獄へ
労働者が主人公の社会を
学生が主人公のキャンパスを
中川いくこさんと共にみんなでつくっていきましょう!
投票日は13日(日)です


DSC_4500
DSC_4503
DSC_4513
DSC_4514
DSC_4516
DSC_4518
DSC_4520
DSC_0029

昨日5月10日、第二木曜日の定例座り込みをやり抜きました!!

第一声は事務局長の佐藤さん!

2018051011

この日はちょうど国会で柳瀬の参考人招致だった。嘘ばっかりついている公務員の姿に怒りを爆発させ、一体公務員は誰のために働くべきなのか? 安倍や小池のためにウソまでついて労働者を裏切るのが公務員のやるべき姿なのか? この間内部告発をしている公務員労働者の決起に続く時が来ている。
柿沼さんのように一緒に闘おうと訴えると、大きな注目を集めました。

安倍を監獄へ!
2018051002

2018051009

無実の星野さんの奪還署名も集めました。
2018051010

2018051003


2018051004

みんなで元気にシュプレヒコール!
2018051001

次は第4木曜日の5月24日です!

核戦争防止国際医師会議ドイツ支部が以下の声明をホームページで公開したので翻訳を紹介します。

ドイツの医師たちが日本政府の帰還政策に反対して年間1㍉シーベルトの基準に戻すよう要求していることは非常に重大なことだと思います。

あらためてふくしま共同診療所の呼びかける「被曝と帰還の強制反対署名」への
取り組みを呼びかけます。

image


*********************************

IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部
プレスインフォメーション(2018年4月13日)

◆福島について:言葉には行動がともなわなければならない

strahlenmessung_fukushima_01

◆IPPNW(核戦争防止国際医師会議)は、福島への避難者の帰還について憂慮する

IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部は、日本政府にたいして、国連人権理事会の要求を迅速に行動に移すよう呼びかける。国連人権理事会は、福島の避難者の権利の強化を求めている。小児科医でありIPPNWドイツ支部の支部長であるアレックス・ローゼン医学博士は、次のように強調している。「われわれから見れば、妊婦や子ども、そして免疫力が低下している人びとや遺伝上がんにかかりやすい人びとといった、とくに放射線に敏感な集団が、年1㍉シーベルト以上の放射線にさらされることがないようにすることは、決定的である」と。

Rosen_Alex_2015_bunt_150px


「したがって、住民が――原発労働者だけが例外的に浴びるような――年20㍉シーベルトもの放射線にさらされることは認めることができない」と。福島での破局的な原発大事故のあと、20万もの人びとが自分たちの故郷を去らなければならなかった。ところが、日本政府はこの人びとを被曝地帯に帰そうとする動きを強めている。この目的のために、日本はこのかん、国際基準である年1㍉シーベルトという限界値を捨て去り、それよりもずっと高い放射線量を示している地帯への帰還を認めている。

とりわけ2019年3月に避難者にたいする財政的支援を打ち切るという脅かしは、人びとを帰還させるための圧力手段として利用されている。公式の避難措置によってではなく2011年に自主的に被曝地域を去った人びとにたいしては、すでに2017年に財政的支援が打ち切られた。日本政府は繰り返し、「日本人は原発大事故の悪夢を過去のものとし、未来を肯定的に見つめなければならない」と指摘している。

大きな国際的圧力が加えられたあと日本政府は、2018年3月16日に「国連人権理事会の勧告〔2017年11月14日のもの――訳者〕を実施に移す」と公表した。国連人権理事会は、福島の避難者の権利の強化を日本政府に求めたのだ。そして国連人権理事会の理事たちは今、「日本政府は言葉を実行に移すべきである」と要求している。具体的に言えば、ドイツ・オーストリア・ポルトガル・メキシコの代表の四つの勧告である。

•ドイツは、日本政府が福島の住民の人権、とりわけ妊婦と子どもの人権を尊重すべきことを指摘した。その際、とくに国際的に普遍的な年1㍉シーベルト基準に戻ること、そして避難者にたいしてそれ以上の被曝線量を求めないことを要請した。

•オーストリアは、日本の当局にたいして、自主避難者にたいして引き続き財政支援をおこなうことを呼びかけた。

•ポルトガルは、移住をめぐる決定のプロセスにおいて女性と男性が平等にかかわるべきであることを指摘した。

•メキシコは、避難者のための健康措置の保証を要求した。

福島では原発の破局的大事故が複数回発生したのであり、それによって拡散された放射能についての公式の発表にもとづいても、日本では今後4000から1万6000の新たながんの発生を予想しておかなければならない(そのうち2000人から9000人の人びとが亡くなるだろう)。ローゼン医師は、「すでに今日において甲状腺がんは目立った増大を示しており、それはいわゆるスクリーニング効果ということでは説明がつかないものである」と述べる。「福島県だけをとってみても、すでに160人の子どもたちが腫瘍の急成長、明確な転移、あるいは重要諸器官に危険が及ぶことなどから手術を受けなければならなかった。しかもそのうちの何人かについては、手術後、悪性のがんが再び活動を開始したため複数回の手術を受けなければならなかった」と。


〔以上〕

IMG_20180502_142756
5月2日、連休の合間を突いて第5回目の(株)はなまる団交を行いました。
今回、団交参加者が最も怒りに燃えたのは、雇用保険遡及問題でした。

会社は柿沼組合員の雇用保険について、雇用直後の一昨年9月ではなく、3カ月後の12月から加入しました。そのため昨年4月に「雇止め解雇」された時に、雇用保険受給資格の「6カ月以上の加入条件」を満たさなかったので、柿沼組合員は申請を行いませんでした。

組合は団交で、受給条件に満たなかったのは、雇用保険に最初の3ヵ月間に加入しなかった違法行為があったからだと主張しました。そしてその原因の1つは、雇用契約書に「正しい就業の日数や就業時間」を記入せず、「週2日、週6時間の勤務」などと実態とは全く異なる虚偽の記載をして雇用し、「労基法第15条(労働条件の明示)と、同施行規則5条」に違反したことだと指摘しました。

会社のもう一つの違法行為は、虚偽の「雇用契約書」を根拠にして、「31日以上雇用する者で、週20時間以上勤務する者については、雇用保険に加入する義務」があるにもかかわらず、実際には週30時間も働いてきた柿沼組合員について直ちに雇用保険に加入しなかった、雇用保険法違反です。

組合はさらに、会社は、昨年7月の第3回団体交渉で「9月に遡及して雇用保険に加入し、受給資格を満たすように」と要求し、会社が検討すると回答したものの、「会社は昨年9月の第4回団体交渉で回答しなかった」と問題にしました。

また、会社は第3回団交から6カ月が過ぎた今年1月、ようやく都労委調査の場で、審査委員に口頭で「遡及し加入する」と告げたものの、組合には一言も直接話をしなかったことを大問題だと追及しました。

団交で会社はまず、デタラメな「週2日、6時間勤務」というデッチ上げの雇用契約書を作ったことを開き直った上、これを根拠にして「当然雇用保険に加入しませんでした」と主張しました。そして、最初に契約書と違って働いていた実績があれば、「本人から言われたら、遡及して加入していますから、違法ではないです」と開き直りました。

しかしこれもまた嘘の言い訳です。柿沼組合員は、入社後店長に「雇用保険に入れないのですか」と聞いたところ、「そういうことになっています」と加入を拒否されていたのです。また、昨年7月の団交で、組合として「遡及加入」を申し入れたにもかかわらず、会社は直ちに遡及加入しませんでした。「本人から言われたら遡及する」とは“真っ赤な嘘”なのです。

浅野部長は、「第3回団交後すぐに、12月以前の分の遡及処理が出来ると確認しました」と回答しました。組合は「それならば、団交後直ちに、遡及処理をすることを組合に通知するべきだった。それをやらなかった不作為は認めるべきだ。」と、謝罪を求めましたが、会社は「違法行為の指摘を受けるほどのことでない。」と、最後まで開き直り続けました。

言うにこと欠いて、浅野部長は「雇用保険に入ったのは柿沼さんだけ。他は申請がないからしていない」と言い放ちました。
ブラック過ぎるはなまる資本! これは一人柿沼さんだけの問題ではなく、全国に存在する「はなまるうどん」などに勤務する全労働者の問題です!

結局、昨年7月の時点で会社が遡及加入する手続を行っていれば、柿沼組合員は、はなまる入社以前に加入していた年数を加算して180日の保険を受け取れたところ、会社が今年1月まで遡及手続を行わなかったため、期限切れで90日分の受給となってしまいました。

(株)はなまるの非違行為・違法行為・不当労働行為の罪状は団交を重ねるごとに強まるばかりです!

IMG_20180502_142725
その他、2時間の団交時間で、「契約書の会社控えと本人控えが違う問題」などを追及しました。

組合は、柿沼組合員が渡された雇用契約書の「契約期限」が「16年10月末日」で、会社控えの方は「17年4月末日」と異なっていたことを大問題だと、説明を求めてきました。
会社はこれまで、「店舗端末からは会社控えと本人控えで、契約期限は同時に変更される。しかしシステム端末からは別々に変更できる」と説明してきました。組合は「システム上ありえないことだ」と追及を続けてきたところ、会社は今回になり、「システム側からも、店舗側からも、入力した結果が違うということはない。」と認め、さらに店舗では「契約終期」を入力することはないことも認めました。

組合は、今回のような大問題が起きたことから、会社控えに「契約終期」を入力したなら、自動的に本人控えにもそれがコピーされるよう修正すべきだ」と主張したところ、会社もシステム担当者に修正を要求したけれど、システム担当者は「それは出来ない」と回答したと説明しました。
それもありえないことです。労働者一人について契約期限が異なる複数の契約書が存在するという重大もんだいである以上、組合がシステムに立ち会いして確認するか、団交にシステム担当者自身が出席してせきにんある説明をすべきです! 更に追及していきます!


DcRETrVVwAoTQ-z
5月3日の憲法記念日、「改憲・戦争阻止大行進」実行委員会は新橋駅から東京駅への銀座デモをやりぬきました。

安倍がもくろむ「2020年新憲法」プランでは、今年中に改憲発議し、来年5月1日の天皇即位までに国民投票をするしかありません。来年の5・1メーデーと憲法記念日をどう迎えるのかを見すえて、今年の憲法記念日は改憲阻止のたたかいの日でした。

05031
私たちも有明防災公園の憲法集会に参加。参加者は6万人!(写真はレーバーネットからお借りしました)

1525414400
航空写真で見ると(東京新聞より)

集会では、東京朝鮮中高級学校生徒・合唱部のみなさんが学校無償化を訴えるとともに歌声を披露しました。

p20180503_01-300x221
15時から、銀座デモへ!

DcRETrUV0AI-oiU
銀座デモは、右翼の妨害とそれを利用した公安警察の弾圧をはねのけて意気高く。
ネットやビラを見て参加した飛び入りの方がたくさんいました!


全学連チャンネルの動画。動労千葉・田中委員長の訴えとデモの様子など、よくわかります!

3b17587c-s
4月29日には「とめよう戦争への道!百万人署名運動」による新宿駅前での改憲反対署名の取り組みも。
新宿駅新南口で9条変えるな!署名街宣 

各地で改憲阻止署名を集め、「改憲・戦争阻止!大行進」運動を広げていきましょう!

私たちも都庁レストラン前から安倍・小池倒せのうねりをつくっていきます!

今月の都庁レストラン前座り込みは、5月10日(木)、5月24日(木)いずれも17時~19時です。
それぞれのチラシや署名をもって来てください! マイクもお貸します!


IMG_20180501_152635
5月1日、全国労組交流センター・合同一般労組全国協議会などの呼びかけで、国鉄闘争を闘う新宿メーデーを今年もやりました!

国鉄分割・民営化から31年。連合はJR総連(東労組)の分裂・崩壊を反映してメーデーに加藤厚労省大臣と小池都知事を呼ぶ一方、政党を呼ばないという状況です。
9月に開催されるUAゼンセンの定期大会で、執行部が憲法9条の「戦力不保持」「交戦権否認」の削除、「自衛戦力の明記」などを示した方針を組合決定しようとしています。連合内最大の労働組合であるUAゼンセンに改憲支持を打ち出させ、戦争反対・改憲反対を闘ってきた日教組や自治労を孤立させることが狙いです。
 
 しかし3月25日、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合などの呼びかけで、「改憲・戦争阻止!大行進」運動が始まりました。

img_syokuryoume-de-
戦後の食料メーデー

1886年5月1日、アメリカ・シカゴの労働者が8時間労働制を要求してストライキを闘った闘いを引き継いで毎年全世界でメーデーが闘われています。労働者を犠牲にし、戦争までして生き延びようとする資本と政府に対して立ち向かう闘いの日として、私たちは連合・全労連・全労協メーデーでビラまき宣伝を行うとともに、動労千葉を先頭に闘う新宿メーデーを行いました。


動労東京・吉野委員長が「闘う労働運動を甦らせよう」のメーデー宣言。「改憲・戦争阻止!大行進」呼びかけ人の森川文人弁護士などのアピール。全学連斎藤いくま委員長も力強く訴えました。


IMG_20180501_143129
「3ヶ月雇用の非正規でも団結すれば勝てる!」東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会は、組合三役の雇い止め撤回に続き、組合結成の原点である故田口組合員の60歳雇い止めの撤回を労働委員会で撤回させ、完全勝利した報告。会社が作った「SJK」という組合ならざる御用組織をぶっとばして「働き方改悪」をぶっとばす宣言を発しました。

IMG_20180501_143556
動労総連合の仲間がそろって登壇。動労千葉は、「東労組崩壊の中、職場の労働者代表選挙で、動労千葉への投票が増えている」。駅の外注化と闘う宣言。
動労水戸の国分さんは、「南北会談の核心は、民主労総のゼネストを中心としたローソク革命の力が引き寄せたということだ。労働者の団結だけが戦争を止めることをできる。」と主税強く発言。
動労連帯高崎の木村書記長は、東労組の崩壊にも関わらず、会社は社友会の立ち上げもうまくいっていない。労働組合への幻滅が広がっているが、我々は職場闘争をもって組織戦に入る」。
動労神奈川の中村委員長は、桑原副委員長の雇い止めを阻止して無期転換を実現したことを報告。青年労働者とともに闘いぬくと決意表明しました。

IMG_20180501_150018
郵政非正規ユニオンの雇い止め解雇者である奥野さん、斎藤委員長、そしてJP労組の中で闘う銀座局の星野さんがそろって登壇。
この日郵政本社前で抗議申し入れを行った報告とともに、「非正規の処遇改善」と称して限定正社員の手当をカットするJP資本とそれを丸呑みしたJP労組本部を徹底弾劾し、全国の郵政労働者の総決起を作り出すアピールを行いました!

DcGIy-XVAAAmNbc
都庁議事堂レストラン解雇撤回を闘う柿沼庸子さんの発言です。

4.3解雇一周年集会から4.14築地集会の大成功を勝ち取り、いよいよ小池を串刺しにするべく労働委員会の審問が7月末から始まります。

がしかし、団交にずーっと出ていたマネージャーは審問に出ないで、大阪に飛ばされた元店長をわざわざ呼びつけて審問に出させようとしています。
部下に責任をなすりつけて自分は逃げる。国会と構造は一緒です!
絶対に審問に引きずり出してウソを暴露してやります!
そして東京都の使用者責任を認めさせて小池を粉砕します❗

皆さんの旗を持って、都庁の座り込みに是非来てください。

民主労総が今この瞬間にも釜山やあちらこちらで闘っています。
この闘いは個々の差別問題や闘争ではなく、労働者階級としての闘いが始まっています。

70代の恩師が、自分の学生の頃はクラスごと学校ごと安保粉砕の闘いに何だかわからないけど行っていたそうです。

「資本側についていれば得かも?」「政治家にくっついていれば得かも?」っていう空気が今、完全に壊れていると思います。
今日 この場から、ここにいる皆さんが「この人達と一緒に闘えば、良いことあるかも❤」っていう空気をムーブメントをつくっていきましょう❗

暑いですが水分とって、元気にデモに出ましょう❗


IMG_20180501_152635
団結ガンバロー!

JR本社前を通るデモも圧倒的注目のなかで打ち抜きました!
若い3人連れがデモに合流するなど、安倍打倒情勢の中、「メーデーは闘う日」の復権が爆発しつつあります。


改憲発議ー国民投票に向けた来年の5・1新天皇即位によるメーデー圧殺を許さず、労働組合の本来の力を甦らせよう。
労働者の闘いこそが法であり正義です。今こそ安倍を倒しましょう!

DSC_4417
デモ後の交流会。

53デモ
5月3日は憲法記念日です。


改憲阻止!安倍倒せ!5.3銀座デモ(新橋→銀座→東京駅)

とき◆5月3日(木・憲法記念日)午後3時に桜田公園(JR「新橋」烏森口2分)に集合、3時30分デモ出発
主催◆改憲・戦争阻止!大行進実行委員会(tel.043-222-7207動労千葉)
【実行委呼びかけ:全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部、全国金属機械労組港合同、国鉄千葉動力車労組、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、根津公子(「日の丸・君が代」不起立被処分者)】

53デモ2


三多摩の仲間からお便りをいただいたので紹介します。

*****************************

 4月28日(土)に国分寺本多公民館にて「戦争・改憲・天皇制と森友問題の本質を考える講演会」が開催されました。
 講師に水樹豊さんと根津公子さんをお招きし、約50名の方が参加してくださいました。
 会場の椅子が足りずに他の部屋から補充するような盛況ぶりで、多くの方が関心を持っておられることを実感しました。

 まず冒頭で流れた「戦争の作り方」(YouTubeで見られます)はとてもよかったです。



 戦争になるというのはどういうことかとてもわかりやすく解説されおり、戦争はある日突然始まるのではなく、私たちの日常生活にジワジワと入り込んでくるものなのだということを改めて感じました。また、このナレーションをしているのが人気急上昇中の松本まりかさんだったので、ブログを拝見したらこの作品について宣伝されていました。こういう仕事は引き受けるだけでも勇気がいりそうですが、ファンの方たちに宣伝をされているところもスゴいなと思いました。


 水樹さんの講演は圧巻で、当初の講演時間を大幅に超過していましたが全く長く感じない(時間が許すならばもっと聞いていたい)内容でした。森友学園問題の本質から始まって、歴史を振り返って天皇制と戦争について熱く語ってくださいました。会場から出されたどのような質問に対してもいろいろな引き出しから誰にでもわかる言葉で回答されていて感銘を受けました。現憲法はアメリカから一方的に押し付けられたものではなく、戦後労働者階級の革命闘争が日本政府に(天皇制を護持するための唯一の道としてではありますが)受け入れさせたものであるという捉え方になるほどと思いました。今度はもっと違う観点からの講義も受けたいという要望まで出ました。


DSC_0007

 また根津さんの話もとても印象深かったです。「常識は疑ってみることが大事」とか「仲間の支援があったから信念を曲げずに教員生活を終えることができた」とか。私もあの当時何度か都庁での闘争に行って教育委員会前で抗議した経験があったので、その闘いがこうして今に繋がっている事がとても嬉しかったです。


 集会が終わってからその場で講師を囲んでの交流会が行われましたが、その場には25名の方が残ってくださり、とても楽しい時間を過ごしました。水樹さんが大学生だった頃、根津さんが講演に来てくださった話とか、国鉄分割・民営化時に国鉄でアルバイトをしていたという方が、分割・民営化反対で当時の職場で抗議の闘いをしたら周りの同僚たちが「もっとやれ!」と応援してくれた話とか。何十年前の闘いや出逢いが今に繋がっていること(それは言い換えたら今の闘いが何十年先に繋がっていくという事でもある)がわかりとても感慨深いものがありました。
 この場に集まってくださった方々と「改憲・戦争反対」の闘いを作っていきたいと思います。

53デモ
5月3日は憲法記念日です。私たちも有明防災公園で行われる憲法集会に参加します。

5.3憲法集会~9条改憲NO!平和といのちと人権を!
とき◆5月3日(木・憲法記念日)午前11時~トークイベント、コンサート。午後1時~集会、4時~パレード
ところ◆有明防災公園(りんかい線「国際展示場」4分、ゆりかもめ「有明」2分)
発言◆落合恵子さん(作家)、竹信三恵子さん(ジャーナリスト)他
主催◆実行委、共催:総がかり行動、全国市民アクション


その日の15時から、3月25日に立ち上げられた「改憲・戦争阻止大行進」は銀座デモを行います。



改憲阻止!安倍倒せ!5.3銀座デモ(新橋→銀座→東京駅)

とき◆5月3日(木・憲法記念日)午後3時に桜田公園(JR「新橋」烏森口2分)に集合、3時30分デモ出発
主催◆改憲・戦争阻止!大行進実行委員会(tel.043-222-7207動労千葉)
【実行委呼びかけ:全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部、全国金属機械労組港合同、国鉄千葉動力車労組、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、根津公子(「日の丸・君が代」不起立被処分者)】

53デモ2

180428-3s
東京西部ユニオン・郵政分会からの報告です。 

4月28日阿佐ヶ谷で郵政非正規ユニオン主催の『ふざけるな日本郵政! なんで私の首を切ったんだ  デタラメなスキル評価やめろ  4.28集会』が開催され、東京各地区から40名が参加しました。大成功!


2011年の東京多摩局大量雇止め、13年の晴海局の労災治療中の奥野明子さん雇止め。不屈の解雇撤回闘争は2011年結成の郵政非正規ユニオンの魂であり骨格です。郵政非正規ユニオンはあらためて、更に大きなたたかいを宣言しました。
郵政民営化から10年。郵政経営は赤字に転落しました。そして最大労組JP労組は資本を尻押して労務支配を強めるまでに成り下がっています。改憲、労働法制解体攻撃との対決が郵政職場から始まっています。

DSC_4385
労働者は黙っていない。東京各地区、全国で現場労働者のたたかいが始まり、各局と郵政資本を追い詰めています。雇止め絶対反対のたたかいが郵政非正規ユニオンの魂と骨格なら、ここでこそ階級的労働運動の前進と組織拡大が実現できます。
各地区、全国で『働きたたかい、たたかい働く』現場労働者が郵政非正規ユニオンの仲間となってきています。40万人郵政労働者を組織できる時代です。1000万労働者と合流できるたたかいに挑戦しましょう!

180428-2s
柿沼さん、参加と連帯のアピールありがとうございました。奥野さんとのエールの交換は都庁闘争勝利と解雇撤回への展望を明らかにしました。

東京西部ユニオンは各局の団交で必ず『晴海局事件』について取り上げます。現場労働者の団交で晴海局事件を取り上げ、各局で雇止め撤回を要求すれば資本は追い詰められ根をあげます。これが現場労働者の力であり、団結です。階級的労働運動派が力を付け、仲間をどんどん組織し、解雇も不当労働行為も粉砕しましょう!


柿沼さんからのアピール『隔週木曜日の都庁闘争に郵政非正規ユニオンの旗を持って合流してください。全ての労働者の力でゼネストに進みましょう! 安倍と小池を打倒しましょう!』に郵政労働者は総決起します! 
団結



↑このページのトップヘ