IMG_20180712_125440
本日7月12日、「築地を活かし、豊洲を止める総決起集会」が築地市場厚生会館にて開かれました。
5人の仲卸の原告を先頭に、築地関係の皆さんがお忙しいなか続々参加!
全体で100人で会場は完全にあふれかえりました。

IMG_20180712_135119

IMG_20180712_123122
忙しいなか駆けつけた原告の村木さんが最初にあいさつ。

IMG_20180712_131850
原告であり「豊洲を止める会」代表でもある仲卸の宮原さん(左の方)と構造設計一級建築士の仲盛昭二さん。
宮原さんは、震度6強の地震で倒壊や液状化、メタン爆発の可能性がある豊洲新市場について「人体実験ではないか。お客さんを絶対に行かせてはならないし、私も行きたくない」と絶対阻止の思いを宣言しました。
仲盛さんは、日建設計による耐震偽装はもはや犯罪行為であり、その違法は言い逃れられないと鋭く指摘。

IMG_20180712_125630
武内弁護士が提訴の趣旨を説明(配られた資料は後日アップします)。

会場から、フリーライターの方や参加者がなどが質問し、活発な応答がありました。
築地の茶屋制度が400年の歴史があり、現在もセリ⇒仲卸⇒出荷への重要な中継の役割を果たしていること。
もし豊洲に移転したら、「大間のマグロは売れない」と業者の方から言われている(理由は、汚染の疑いがあるだけでなく、豊洲新市場が「使えない」欠陥設計であること)こと。…
それぞれ、原告以外の仲卸の方々が会場から切々と語られていた姿に、築地の歴史の奥深さを実感するとともに、築地で働く方々が団結して移転を拒否すれば、絶対に勝てると確信しました。

IMG_20180712_133616
会場は築地内外からの参加であふれました!

「営業権組合」としても闘っている仲卸の方は、「農水省に掛け合い、団体交渉をする」と宣言。
更に、福島の椎名さん、銀座局の星野さんがともに闘う決意を表明。
最後は原告の方全員が苦闘も含めた思いを語り、団結ガンバローで闘う決意を固めました。
帰りがけに、多くの方が「築地を活かし、豊洲を止める会」に加入(年会費1000円)していきました!

IMG_20180712_132234
小泉義秀さん著の「築地を守り豊洲をとめる」ブックレット(出版最前線)も売れていました!
都庁レストラン解雇弾劾ニュースも配らせていただきました。

DSC_2749
築地集会に引き続き、夕方、都庁レストラン闘争の座り込み。

LINE_P20180712_231043035
7/26の都庁レストラン解雇撤回労働委員会審問とともに、西日本豪雨災害救援を訴えました。

LINE_P20180712_231040327

IMG_20180712_172628
すると、「今、都に保育現場のひどさを訴えてきた」という八王子在住の若い保育士さん・労組組合員などが続々署名。
労働者の怒りが地に満ちていることを確信しました。

IMG_20180712_172639
ほかにも、ロシアからの留学生が一緒に座り込んだり、青年が救援カンパに応じたり、さまざまな反応がありました。

LINE_P20180712_231037290

LINE_P20180712_231105504

LINE_P20180712_231019810

IMG_20180712_172646
築地連帯のノボリも好評でした!

次回都庁前座り込みは7月26日(木)審問当日の11時半~12時半です!

いよいよ労働委員会審問!


第1回の審問は

 7月26日(木)13:00~16:00

   組合  柿沼 庸子 証人(当事者) 主尋問・60分  反対尋問・60分

   組合  山本 敏昭 証人      主尋問・20分  反対尋問・20分

 

第2回の審問は

 8月1日(水)13:00~18:00

   会社  浅野 節也 証人      主尋問・20分  反対尋問・30分

   会社  武井 良奈 証人      主尋問・15分  反対尋問・15分

   会社  篠  和義 証人      主尋問・20分  反対尋問・60分

   東京都 池田 貴洋 証人      主尋問・20分  反対尋問・20分