きょうは明日の第3回団体交渉に向けて
レストラン前で朝ビラまきをやりました。

DSC_3769
うけとりはまずまず。
福島出身の人も安倍は許せないと声をかけてくれました。

DSC_3768

ビラまきを終えてレストランの壁を見ると

DSC_0452


DSC_0453
東京都民平和アピールと書いてあります。どんな中身?
DSC_0454

3月10日の東京大空襲の悲劇を忘れないために。。。

DSC_0455
核兵器の廃絶を機会あるごとに強く訴え、戦争の惨劇を再び繰り返さないことを誓います」
日々の生活において、平和を脅かす問題に、毅然として立ち向かい、忍耐強く取り組むことを決意します」
「私たちは、次代を担う子どもたちに、戦争の悲惨さと、それを防止することの大切さを、東京大空襲の体験などとともに語り伝えます」
「私たちはともに地上に生きるすべての人の人権を尊重し、差別を排し、思いやりと愛情をもって、誇るにたる地域社会をつくります」
「私たちは地域社会の一員として、世界のひとびとと交流し、相互の信頼を深め、協力連帯して、人類の福祉の向上に努めます」
「私たちは過去の歴史をかえりみて、ともに手を携えて、平和な世界をつくり、相次いでやってくる新しい世代に引き継いでゆきます」

このアピールの壁の中で、ブラック企業が低賃金で労働者をこき使い、被曝の強制に反対する署名を集めた労働者を簡単に切り捨てていたなんて!あまりの皮肉にびっくりしました。

まさに安倍首相が共謀罪から核兵器禁止をボイコットして戦争へと突き進み、
核武装を支持する小池知事が、議会の多数をとった「都民ファーストの会」の代表に極右の野田数を据えたことと
立ち向かう宣言そのものですね。

私たちは、あらためて「平和を脅かす問題に、毅然として立ち向かい、忍耐強く取り組む決意」を
新たにしました。

DSC_0464