解雇弾劾ニュース8号です。
no8

 9月4日、東京都労働委員会において、東京都小池知事と株式会社はなまるに解雇撤回を求める申し立てについて第1回調査が始まりました。
 私達は総勢20名が結集し、各10分程度で書類確認と意思確認が行われました。
 そこで都庁議事堂レストランで柿沼組合員の解雇を強行した株式会社はなまるは、「雇い止め」の根拠として、決定的な「証拠」を提出してきました。
 なんと柿沼さんが就業時間外に職場の仲間から集めた福島への帰還強制反対署名用紙です!

 まさに、福島からの避難者切り捨てをする小池都知事の政治的な意思を彼らの側からむき出しにしてきたのです。
 ご丁寧にもはなまるは、柿沼さんがビラを入れて「あとで読んでください」と渡していた封筒も証拠として出してきました。
 就業時間外にビラなどを渡すのは当然自由です。
 臆面もなく解雇の理由を福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を呼びかけたことだとはなまるが主張したことは、東京都が議事堂レストランをとんでもないブラック企業に民営化していた責任を真正面から明らかにするものです。こんな企業に都庁のレストランを運営させていた小池知事の責任は重大です。
 私たちは絶対非和解で闘うとの決意を固め夕方の抗議行動 集会へと向かいました。

 都庁前で多くの声援!
 都労委の調査と一体で、都庁前で昼、夕方と署名がたくさん集まりました。

都労働闘争突入集会!
 そして夜7時からは、杉並区商工会館に145名もの大結集で都労委闘争突入集会が行われました。
 佐藤事務局長の熱い挨拶に始り、青年・学生・各職場地域からの報告とこの闘争への意気込み、全ての人達が自分の闘いであることを確認し、解放感あふれる団結集会となりました。朝鮮戦争前夜情勢の中で、戦争絶対反対の第二ステージのスタートとなった集会でした。


不当解雇と闘うシングルマザー
柿沼さんの怒りの訴え
 2017年9月5日、小池都知事は築地の豊洲移転予算を決定しました。今年と来年合わせて73億円。カビが生えて汚染物質が含まれている土壌に食材を持ち込み流通させようとしているのです。

 福島の原発事故は収束どころか目処もたたない。日々命を削って命を支えるために働いている人達がいる。

 東京都は今年3月31日をもって福島から避難してきている「自主避難者」への都営住宅の提供を打ち切り、住宅追い出しを強行した。東京の20倍の被曝基準で浪江など次々と避難指示解除が強行され、2年後の3月31日には強制避難地域からの避難者も都営住宅から追い出されようとしている。

 関東大震災時の朝鮮人虐殺の歴史も過去の戦争も原爆も原発事故も何も無かったかのように…

 この国はどこに向かって行くのか?

 原発事故 自然災害 今あらゆる場所で沢山の人が苦闘している。
 にもかかわらず安倍政権は安心安全キャンペーンをして小池都知事と共にオリンピック、北朝鮮問題を騒ぎ立てている。

 日々働いている人民からあらゆる手段で税金をむさぼり搾り取り私利私欲 私物化している。

 北朝鮮の核実験を騒ぎ立て、ミサイルの脅威は許さないと言い『国民の安全のために』とうそぶく。
 人民から搾取した金で人殺しの道具を作って軍事演習しているのに!

 この6年間、いやこの資本主義の社会のなかで、ただの一度でも『国民を守った』事などありはしない。

 今こそ 私達 ひとりひとりが、この社会を変えるために手を取り合って、国家権力に立ち向かう時だと思う。

 9月4日、東京都労働委員会で調査が開始された

 東京都庁にある議事堂レストランで働いていた私は、ふくしま帰還強制に反対する署名を職場仲間に集めたとして4月3日に解雇された。

 雇主のはなまる資本は、「解雇ではなく雇い止めだ」と主調。団体交渉をやって争議中だ。

 都庁内の責任は都知事にある。明らかに福島圧殺問題であり、大量虐殺が始まっている。

 東京都丸ごと民営化→都民の財産を私物化して民間企業に売り渡す→都が責任を取らず、資本が無くなれば終わり→安全も安心も崩壊。

 働き方改革→残業代ゼロ法案→総非正規職化→労働者使いすて→人の命より金儲け→人民丸ごと奴隷。

 私達は物ではない!

 すべての働く人、存在している人、青年、学生世界に訴えます。
 ひとりひとりに人生があり 歴史があります。
 人は何故生きるのか、今すべての人に問われています。
 人を殺し殺される為に産み育て生きるのはまっぴらごめんです。
 人が人らしく生きられる社会をつくるために、共に闘ってください。



行動スケジュール
●9月12日(火) 14時30分~
第4回目団体交渉
●9月14日(木)17時~19時
第4回都庁前座り込み抗議行動
●9月18日(月)12時~
さよなら原発全国集会in代々木公園
●9月23日(土)
被爆労働拒否 いわき行動
●9月28日(木)17時~19時
第5回 都庁前座り込み抗議行動