1971年の沖縄返還協定批准阻止の渋谷暴動闘争の先頭にたち
死亡した機動隊の殺人罪をでっちあげられ無期懲役でいまも徳島刑務所に
とじこめられいる星野文昭さんを取り戻す徳島刑務所包囲デモが9月10日、
430名の結集で打ちかれ、都庁で不当解雇された柿沼さんも決起しました。


DSC_0031


DSC_0384
徳島駅前で訴える。


DSC_0434
刑務所の近くの河原で集会。


DSC_0446
徳島刑務所の星野さんに呼びかける動労水戸の辻川副委員長




111


昨日はちょうどNHKでも「核と沖縄」の特集をやっていました。アメリカが沖縄を恐るべき核戦争の基地としていた事、核弾頭を積んだミサイルを誤射していた事、日本政府は反対運動を恐れて事実を隠そうとしていた事、復帰闘争の爆発の中でペテン的な「核抜き本土並み」の「返還」をした際に、沖縄への核持ち込みを容認する核密約を何と日本側からの提案で行っていた事、そして今も米軍は沖縄への核配備を否定していないことなど許しがたい事実が暴露されていました。

星野さんや大阪さんが先頭で闘った1971年の沖縄のペテン的「返還」=沖縄返還協定批准阻止闘争は歴史的に正しかったのです。そして今も2人は完全黙秘・非転向を貫いてこの正義性を人生をかけて体現しています。

いよいよ彼らを弾圧し続け、沖縄を核戦争の拠点にし、今再び核戦争の道を突き進もうとしている安倍政権こそが犯罪者であることはますます明白です。

無実の星野さん・大阪さんを奪還しましょう!解雇撤回!