DSC_4367
4月26日(木)17時から19時まで、今年度二度目の都庁前座り込みをおこないました。

「都庁ふくしま解雇を許さない会」の黒と赤の幟を始め、「小池・安倍を倒せ」「築地の豊洲移転を止めよう」「怒り福島!」などの幟を林立させました。
この日行われた国会前抗議行動との連帯を込めた、段ボール製の安倍首相、麻生大臣、安倍昭恵のデコ人形も登場。

DSC_4371


DSC_4370
ライトアップした一角は多くの退庁職員、通行人、観光客の注目を集めました。

DSC_4373
三々五々集まった仲間十数人が次々とマイクを握り、ビラをまき署名・カンパを訴えました。

「築地移転絶対反対。闇で巨額のお金が動いている。それを福島の被災者救援に使うべきだ!」とガッツポーズの女性。塾の講師と言う方は「働き方改革とんでもない。正規の組合が闘わなければ」とカンパ。

「こんなにいろんな幟では何を闘っているのかわからん」と声かけてきた男性は、一人でKDDIと闘っているそうです。「根っ子は同じですよね!」とやや強引に話しましたが、あまり納得はしてもらえなかったかも。またお会いしたいものです。

「あなた達の話し聞かなくても小池は許せない!原発事故も7年も放ったらかしで!」と全身で怒っていた方。

英語で話し込んでいたフランス人のご夫婦…。
首都のド真ん中の観光スポットでの闘いは、間違いなくたくさんのカメラを通して海外に発信されていると感じます。

次回の座り込みは5月10日(木)と24日(木)です。ぜひご参加を!

許さない会事務局 茅原