6月20日の世界難民デーに際して、東京入管包囲キャンドルデモに参加しました。 外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委員会と東京労組交流センターの呼びかけで、雨のなか300人が集まりました!

世界難民デーリーフ
当日配布された、「牛久入管収容所問題を考える会」のリーフ 活動についてはこちら→http://www011.upp.so-net.ne.jp/ushikunokai/

IMG_20180620_183609.jpg
国際連帯は、日本国内、自分たちの足下からです。

IMG_20180620_184723.jpg
雨のなか、デモに出発。

IMG_20180620_184609.jpg
後ろ側の大きな建物が東京入国管理局。入管収容所も兼ねています。まるで刑務所みたい!
IMG_20180620_185236.jpg



IMG_20180620_185015.jpg



IMG_20180620_185010.jpg
入管の前で「お父さんを帰せ!」「お母さんを帰せ!」声に応えて、収容所の中からも手が振られていました。

IMG_20180620_185703.jpg
クルドの子どもたちが先頭で訴えます。





難民申請者と認定者の数
2017年の難民申請者は19629人。しかし難民認定されたのはわずか20人!しかもクルド難民にいたっては、今日に至るまで一人として難民認定されていません!
(当日の田中喜美子さんの訴え)  

4月13日、インド人難民申請者が自殺、入管当局による「同様な事がないようにする・・・」の報道発表後にも自殺未遂が相次いでいます。  牛久人管に於いては2010年にも2名の方が自殺、2014年には2名の方が病死、2017年にもベトナム人が病死しています。収容定員が700名の施設に於いて異常な事態です。収容のあり方には重大な問題があると思います。 多くの方々が関心を持つこと、外国人に対する治外法権を見過ごさない事が求められています。

(当日配布のリーフより)

IMG_20180620_193111.jpg

IMG_20180620_191051.jpg


デモが解散地に着いたあとも、「家族を帰せ!」と入管に戻ろうとする難民申請者家族たち。 本当に必死な思いに、胸が熱くなりました。

現在東京入管には700人余、茨城県の牛久入管には350人余の外国人が収容されています。収容期限もなく、ようやく仮放免で出所できても、働くことを禁止され、都・県境を越える移動の自由もありません。 「労働者は一つだ!」こんな全くおかしな入管体制を打ち破る取り組みをもっともっと進めていきましょう。

(東京北部ユニオン・川原)

edfcfb258aa376bfda0ec2a5c0b8ecd8-768x1086.jpg
韓国・民主労総鉄道労組が参加する7・1国鉄闘争全国運動集会に集まりましょう!

7月1日(日)13時半~ 江戸川文化センター