都庁ふくしま署名解雇を許さない会

都庁議事堂レストランで働く仲間が職場で福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を集めたら、突如解雇されてしまいました。小池都知事による政治的な解雇です。絶対に許せない!

カテゴリ: チラシデータ

DYqaH2-VwAITsWa

■9条改憲発議絶対反対!朝鮮戦争とめよう!3.25大行進in HIBIYA

★自民党大会「直撃」行動
 3月25日(日)午前9時~品川駅「高輪口」
(自民党大会は3月25日午前10時からグランドプリンスホテル新高輪「国際館パミール」で開催。JR品川駅高輪口から徒歩5分)


日時◆3月25日(日)午後1時~3時 集会、集会後、銀座をデモ行進
場所◆日比谷野外音楽堂(東京都千代田区、日比谷公園内)/資料代500円
主催◆改憲・戦争阻止!大行進実行員会(tel.043-222-7207動労千葉)
【実行委呼びかけ:全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部、全国金属機械労組港合同、国鉄千葉動力車労組、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、根津公子(「日の丸・君が代」不起立被処分者)】

第2次325ビラcmyk2

「9条改憲発議絶対反対!朝鮮戦争とめよう!3.25大行進in HIBIYA」への協賛・参加のお願い(抜粋)

 安倍首相は「今年こそ憲法のあるべき姿を示す」と表明しました。3月25日の党大会までに自民党案を一本化し、秋の臨時国会で改憲を発議する、そして来年春には国民投票を実施するというのです。事態は風雲急を告げています。

 「改憲させない」「二度と戦争をしない」「教え子を再び戦場に送らない」は、戦後焼け野原の中から再出発した日本の労働組合、民衆の闘いの最も重要な原点でした。それは、1987年に中曽根首相(当時)が「総評・社会党をつぶし、お座敷を綺麗にして立派な憲法を安置する」と言って、国鉄分割・民営化を強行した後も改憲に手をつけることができない力関係を維持してきました。

 朝鮮半島ー東アジアをめぐる戦争の危機が切迫しています。米トランプ政権は、「抑止」から「使う」に転換する「核戦略見直し」を発表し、安倍政権はそれを支持すると表明しました。

 4月から無期雇用への転換ルールが始まることを逆手にとって、膨大な労働者が3月末で雇止めにされようとしています。「働き方改革関連法案」は、安倍首相が「戦後70年の歴史の中でも最大の転換」と言うように、憲法改悪と表裏一体の攻撃です。「正社員ゼロ(総非正規職化)、解雇自由、労働組合の存在しない社会」をつくろうというのです。

 新自由主義がもたらしたのは、社会の崩壊でした。貧困が蔓延し、非正規職労働者は2023万人に達し、地方が切り捨てられようとしています。生活保護、年金、医療、介護、子育て、教育等への支援が瓦解し、人間の命や尊厳が投げ捨てられようとしています。

 私たちは昨年11月5日、「改憲阻止!1万人大行進」を呼びかけ、改憲と戦争を止めるまでこの闘いを継続しようと決意しました。労働者・民衆こそが社会を動かし、歴史をつくり出す主人公です。国境をこえた国際連帯闘争こそが戦争を止める力です。世代や立場の違いをこえて、心を一つにして力を結集したいと考えています。

 3月25日、日比谷野外音楽堂で集会を開催します。
全国各地で改憲阻止の大運動をおこしましょう。 

はなまる解雇弾劾ニュース14号_ページ_1
22日の都庁レストラン前座り込みに合わせて、「解雇弾劾ニュース」14号を発行しました!
上の画像をクリックすると、PDFデータが開きます。
チラシのテキストは、以下です。ぜひご覧ください。

議事録と使用許可証の開示で判明!
はなまるに年間2750円をただ貸し!

 私たちが都議会議会局に行ってきた開示請求で、ついに2月9日に決定的文書が開示されました!
 その文書とは2017年5月以降も「はなまる」が都庁議事堂レストランの使用許可を受けた経緯です。

小池都知事の使用者責任の決定的証拠!
 都庁議事堂レストランにおいて「はなまる」が営業を始めたのは2014年4月から。その前までは「ライオン」でした。契約は1年単位の更新が3年までで、3年経過すると、新たに議会局の選定委員会が審査をする。その契約更新にあたる2017年4月の時に、柿沼さんは雇止め解雇されたのです。
 では、都庁レストランの業者はなぜライオンから「はなまる」に変わったのでしょうか? 競争入札でなく、応募して、書面の審査だけで、どうして月に1千万の売り上げを上げることもあるレストランの使用許可を得ることができたのか? これが東京都の使用者責任を明らかにする上で決定的な証拠なのです。
 東京都議会局に対してその経緯を明らかにする議事録などの開示請求結果が、ついに明らかになりました。

小池がただ貸し

年間2750万円の使用料がタダ!?
 開示結果で驚愕したのは、レストランの使用料がタダだということです。
理由は「東京都議会の議員、職員等に対して、低廉かつ良質な飲食物を迅速に提供するための食堂の経営」であるから、1カ月229万2579円×12ヶ月=2、751万948円もの使用料を全額免除する決定がなされていることです。
 使用料がタダということは、都が直接経営しているのと同じじゃあありませんか!レストランの使用は都の職員や議会関係者の福利厚生のための食堂ということで使用料が全額免除となっているのですが、国は行政財産の使用許可を認める場合は「特定の企業の活動を行政の中立性を阻害して支援すること」は禁止しています。
 ところが東京都は、2020年の東京オリンピックのための「フラッグツアー」にあわせて、ご当地メニューを議事堂レストランにおいて提供し、そのメニューをホームページで公開しているのです。

Screenshot_2018-02-22

試しに、スマートフォンで都庁議事堂レストランを検索し、次に「ウェブサイト」をクリックしてみてください。すると東京都のホームページに移ります。都庁議事堂レストランを運営する「はなまる」と東京都は一体なのです! その関係は偽装請負以外のなにものでもありません。メニューを東京都・小池知事が決める支配・決定しては働かせる関係にあるということは、柿沼さんの雇止め解雇も東京都・小池の支配・決定の関係において強行されたのは明白です!
 小池都知事は、自らの使用者責任を認め、柿沼さんの雇い止め解雇を直ちに撤回すべきです!

 開示された書面は一部であり、重大な事実関係はまだ隠されたままです。私たちは、団体交渉と労働委員会を通して、更に都の責任を明らかにしていきます。
 築地市場の豊洲移転、都立病院の民営化=7000人解雇を進める小池都知事をたおしましょう!

20180219b-1
築地市場の豊洲移転を止めよう!
2月15日、築地移転反対デモが70人の参加で行われました。
 デモは築地で働く仲間の参加もあり、場内・場外の怒りと固く団結して「豊洲移転に絶対反対」「オリンピックのために築地をつぶすな」「市場の民営化を許さない」という意思を表しました。柿沼さんの太鼓のリズムに合わせたコールをみんなで叫び、築地で働く仲間に「闘いはこれからだ」と訴えた。
 この訴えは築地の内外に確実に届いています。場外市場前では、商店を営む夫婦が出てきてデモに手を振り、拍手で迎える姿もありました。外国人観光客もデモに飛び入り!
 小池知事は17日に築地市場を訪れ、業界幹部とだけ密室で会合を持ちましたが、仲卸をはじめ築地で働く人びとと会おうともしません。あきらめと分断を打ち破れば豊洲移転は必ず阻止できます。労働組合に結集し、移転と民営化を絶対に阻止しましょう!

 
 

62年前の3月1日、アメリカがビキニ諸島で行った水爆実験は多くの人々を被爆させました。
日本の漁船も被爆し、核戦争への怒りが爆発しました。そして3・11で福島の原発が爆発したにもかかわらず被曝と帰還が強制され、原発の再稼働し、再び核戦争危機が迫っています。

この現実をどうとらえ、どう立ち向かうか、一緒に議論する集会です。
JRによる汚染地帯への列車の運行、被曝の強制にストライキで闘っている動労水戸の辻川さんも参加します。ふるってご参加ください。

bikini

27973259_1596159680466883_4300122321580873477_n
2月11日に船橋市勤労市民センターで行われた2・11国鉄集会は、会場があふれる630人の参加で大盛況でした。

DSC_0020
動労千葉の田中委員長が、内房線切り捨てに反対する地域集会が大成功したことを報告、「地域からの総反乱を労働組合が軸になって組織しよう」。
3・25に改憲・戦争阻止の大行進in HIBIYAが動労千葉、全日建運輸連帯労組関西生コン支部、全金港合同の3労組の呼びかけで行うことを発表。労働組合が先頭に立っての改憲阻止運動が始まります!開催されることを打ち出しました。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421
動労千葉は、国鉄分割民営化による解雇撤回の新たな労働委員会闘争を開始します。2015年6月30日に最高裁は解雇の不当労働行為を決定し確定しました。しかし団交申し入れを拒否するJR東日本。団交拒否に対する救済命令申立は、国鉄民営化30年に決着をつけ、非正規化と解雇雇いどめをぶっとばす闘いです。
千葉県労働委員会あての署名が始まりました!

DSC_2729
JRの外注化の現場からの報告を行う動労千葉と出向無効確認訴訟弁護団


動労千葉の闘いに続き、東京でも「無期転換」の取り組みが始まっています!
grz-muki201802asm

2018年4月1日から有期労働契約(通算5年)の無期転換が始まります

 同じ企業との間で、有期労働契約が通算で5年を超えてくり返し更新された場合は、労働者の申し込みにより、無期労働契約に転換されます。2013年4月1日からカウントが始まり、2018年4月1日に権利が発生します。

 権利が発生した労働者が申し込みすると、使用者は申し込み承諾したとみなされます。使用者に拒否権はありません。1年契約の場合、2018年4月1日から2019年3月31日までの間に申し込みをすれば、そのまま承諾とみなされ、無期に転換されるのは、その契約が終了する翌日、つまり2019年4月1日から無期に転換となります。

①みんなで一緒に無期転換を申し込もう
②無期転換直前の「雇い止め」「試験制度」「クーリング(通算期間リセット)」を許さない
③労働組合で無期転換後の労働条件の改善を。「一生非正規」では暮らせない



grz-muki201802bsm

❶ 職場と地域の仲間みんなで無期転換を申し込もう

 無期転換の申込権は法律上当然の権利です。通算5年となる労働者が申し込んだ場合、企業は必ず承諾しなければなりません。できれば職場のみんなで一緒に申し込みをしよう。
 組合に加入して地域の仲間と準備することもできます。「無期転換問題ホットライン」でモデル申込書も準備しています。

❷ 無期転換前の雇い止め・試験制度、クーリング(通算期間リセット)は許さない

 無期転換申込権が発生する前の雇い止めや試験制度、クーリング期間を悪用して、無期転換を妨害する企業に対しては、職場で組合を結成したり、私たち地域のユニオンに加入し、団体交渉を行おう。
 JR東日本の労働組合である動労千葉は、全員の無期転換を逃れるための試験制度の導入を労働組合の闘いによって面接だけにとどめ、全員の無期転換を実現しました。

❸ 無期転換後は長く安心して働ける職場をつくろう

 無期転換しても、低賃金で昇給もなく一時金(ボーナス)や退職金もない「一生非正規」では暮らしていけません。無期転換後に労働条件を切り下げる会社もあります。長く安心して働ける職場環境・労働条件・賃金を実現しよう。
 労働組合を結成したり私たちのユニオンに加入して、雇い止めなどが心配でガマンしていた年次有給休暇や残業代など法律上当然の権利を行使できるようにしよう。

❹ それぞれの労働組合でも取り組みを

 あなたの職場に労働組合があれば、ぜひ無条件の無期転換を要求する取り組みを始めて下さい。無期転換制度をテコにすべての労働者の正規雇用化を実現しよう。アウトソーシング(外注化)や派遣への置き換えに反対しよう。無期転換問題東京連絡会ではさまざまな取り組みの教訓を集めています。ぜひご報告をお寄せください。
 私たちは、非正規雇用をなくすための取り組みを強化したいと考えています。スタッフも募集中!詳しくはホットラインまでお願いします。

DSC_2730
DSC_2731
PhotoGrid_1518335875792

ともに闘おう!

次回都庁レストラン前座り込みは2月22日(木)17~19時です。
お集まりください!

明日2月15日は築地デモへ!

20180208_151346b

みなさん!
 本日2月8日15時に、柿沼庸子さんの都庁レストラン解雇撤回署名4050筆を小池都知事宛に叩きつけました!
知事宛の署名は「政策企画局」に受け取らせました。20分間にわたり、解雇の責任が、小池都知事・東京都にあることを突きつけました。先日同じ東京都の総合防災部へ申し入れた「対テロ図上訓練」に触れると、何と訓練そのものをしらなかった!

 昨年4月3日の雇い止め解雇から10ヶ月。毎月2回の都庁レストラン前座り込みが定着し、同時に全国各地に柿沼さん支援が広がっています。それがついに、4000筆以上にまで至りました。全国からのご支援に熱く御礼申し上げます。
 これは「小池倒せ」の新たな始まりです。築地市場の豊洲移転、都立8病院の独立行政法人化、都営交通メトロ統合をたくらむ小池都知事を倒していく時です。

今日の座り込みでの署名提出報告ビラです↓ 
クリックするとPDFが開きます。

no13omote
提出後の17時からの座り込み、今年3回目。昨年以来14回目です。
2・11国鉄集会、3・11福島も訴え、分割民営化以来の社会の破壊と、安倍とトランプの核戦争突進への怒りを一つに集めて闘おうと参加したそれぞれからアピール。今日は、遠く北関東の許さない会会員が駆けつけアピールとビラまきをしてくれました!また、偶然通りかかった20代の青年労働者が、マイクでアピールしてくれました!「今の社会も政治もおかしな事だらけ。声を上げていきたい」
前回と今回は、日が落ちると極寒でしたが、4050人の怒りと闘いの輪がジワリと拡大し、世界と繋がる(外国人も多い)実感!お疲れ様でした❗
20180208_171434

DSC_2695

DSC_2696

DSC_2697

DSC_2698

DSC_2699

DSC_2700

DSC_2701

DSC_2702

DSC_2703

DSC_2704
DSC_2705

DSC_2706

明日9日(金)は、「都庁レストラン業者選定委員会」で、14年5月に( 株) サッポロライオンから「はなまる」に代わったのは、どういう基準でどのように決まったのかなどの経過が記載された議事録と使用許可証の開示です(詳しくは、ビラPDF裏面をごらんください)。
明日も楽しみです!!

本日の新年第1回都庁座り込みに合わせて、ニュース12号をつくりました。

12月25日に東京西部ユニオンが都議会議会局に対して行なった公文書開示請求に対して、年明けの1月5日、都議会議長尾崎大介は、「保存期間が終了し廃棄済みのため、請求内容に係る公文書は不存在」として不開示を決定しました。これはまるで、佐川理財局長の「文書は消去され復元できない」答弁です。
怒りをこめてのビラです。

はなまる解雇弾劾ニュース12号_ページ_1
議会レストラン業者を(株)はなまるに選定した議事録と使用許可文書は『保存期間が終了し廃棄済み』!
都議会議会局は「佐川理財局長」か!?

柿沼さんの都庁レストラン解雇撤回を闘う東京西部ユニオンは、12月25日、都議会議会局に、2件の公文書開示請求をしました。
 東京都は、準備書面(1)で、柿沼組合員について、「使用者ではないので、使用者責任を負わない」とし、また(株)はなまるとの関係について「行政財産の使用許可をしているだけで、貸借の契約書も存在しない」としてきました。
 しかし、原発避難者への住宅補償打ち切り反対の3・31都庁包囲デモに柿沼さんが参加したのを怒った東京都が、はなまるの親会社同然に「解雇」を指示した当事者であるのは間違いないところです。
 都庁レストランの業者を決めるのは、議会局内に設置される「都庁レストラン業者選定委員会」で、議会局管理部長など4人の委員会が、企画提案を選考するそうです。では、14年5月に(株)サッポロライオンから「はなまる」に代わったのは、どういう基準でどのように決まったのか。これが東京都の使用者責任を明らかにする上で決定的だと、選考委員会の議事録の開示を請求しました。
 もう一つは、はなまるへの「使用許可証やその付属文書」の開示請求でした。議会局が(株)はなまるに使用許可を与えたときに、「貸借の契約書」もないのであれば、どのようにして議員優先のサービスとか、議員専用のメニューとか、はたまた小池都知事が昨年10月に打ち上げた、オリンピックフラグツアー関連の「ご当地メニュー」をやらせるようなことができるのか、明らかにさせるためです。

●「廃棄済みのため、文書は不存在」決定弾劾!
 ところが、年明けの1月5日、都議会議長尾崎大介名で出された決定通知は、なんと「選考委員会議事録」の保存期間は1年、「使用許可証やその付属文書」の保存期間は3年で、「保存期間が終了し廃棄済みのため、請求内容に係る公文書は不存在」でした! 佐川理財局長の「文書は消去され復元できない」答弁とまるっきり同じです(怒)

180105公文書非開示決定通知書

はなまる解雇弾劾ニュース12号_ページ_2
 議会局は、「はなまるうどんの従業員に対する使用者責任は議会にも東京都にもない」という団交拒否の回答をしていました。今度は公文書すら「存在しない」というのです! まったく冗談ではありません。
 しかし、これは佐川理財局長を使って森友疑獄についてウソと居直りに汲々とする安倍政権とまったく同じように追いつめられた、小池都知事の姿です。
 私たちは、絶対に小池都知事および議会局の責任をとらせます。築地移転を今年10月11日と強行決定を行い、水道の民営化表明、そして原発避難者の住宅追い出しをねらう小池都知事を一緒に倒しましょう!

●柿沼さんの新年アピール
 2018年がスタートしました。本年もよろしくお願いいたします!
 昨年4月3日の柿沼解雇に対して、団体交渉、労働委員会闘争を進める中で、「契約書類の日付の不正」「労働時間の記載のデタラメさ」を暴いてきました。
あげくのはてに「はなまる」は
解雇理由は『期間満了の雇い止め』でしかないと言っていたのに、柿沼が職場で署名を集めたことは『非行違法行為』(「非違行為」)だと本音をむき出しに主張してきました。
 そして議事堂レストランに場所を提供している東京都は、一切の責任は無いと団体交渉を拒否。しかし小池都知事は「復興支援」の名の下に議事堂レストランのメニューを直接指名しています。立派に使用者責任行使してるじゃないですか。この矛盾! ブラック過ぎる東京都! 昨年の選挙で小池都知事の都民ファーストがいかにペテンであるのか、築地の豊洲移転を見れば一目瞭然ですね。
 その上で、小池都知事は新年に果たすべき公約を問われた小池氏は、「障害者や高齢者ら『人に焦点を当てた都政』を強調。高齢者については『病気の際の安全ネットを確保すると同時に、元気な方々にはやりがいや楽しみを見いだしてもらえるような東京にしたい』と話した」そうです。
 福島からの避難者の助成金を一切打ち切って、家からも追い出してるのにっ!!!です。
 震災・福島原発事故から7年目の今年、「復興支援」の名の下に「避難指示解除」した( しちゃいけない) 楢葉町で、3・11セレモニーが行われようとしています。そのために、高線量地域へのJR常磐線全線開通を進めようとしています。まるで『放射能の中で復興記念。金を払って電車にのって被爆しに行こうツアー』じゃないですか!?  すべては2020年東京オリンピックまでにフクシマを「なかったこと」にするためです。 殺されるか?立ち向かうか!今こそ、行動の時です。
 さあ、今年も都庁前座り込み行動は続きます。お気に入りのプラカード、のぼり、鳴物、光もの( 食べ物飲み物温かグッズ
大歓迎♪ ) を持って是非ご参加ください。マイクお貸ししますので、小池倒せのアピールをお待ちしています!
 みなさん、一人から入れる合同労組へ結集しましょう! 職場で労働組合を組織しましょう! ストライキでやってらんない仕事を拒否しよう! 職場を動かしているのはみなさん一人一人です。共に闘いましょう!
 7年目の3・11の日、郡山市で行われる「3・11反原発福島行動18」(13時 郡山市民文化センター大ホール)に集まりましょう!

17チラシオモテ

12月17日、日比谷野外音楽堂にて、「改憲・朝鮮戦争とめよう!」「安倍を倒そう!」12・17労働者集会が行われます。
15:15から銀座デモに出発。東電前、数寄屋橋交差点から東京駅前(鍛冶橋駐車場)まで、派手派手にアピールしていきます。

都庁レストラン解雇を許さない会としても全力で取り組みます。
誰でも参加できます。安倍・小池に怒りをぶつけましょう!



改憲・朝鮮戦争とめよう!
安倍を倒そう!

12・17HIBIYA 銀座デモ


『働き方改革』関連法案反対!  共謀罪粉砕!

12月17日(日)13:30開始
(13時開場)
日比谷野外音楽堂

発言:労働組合・市民団体・青年・学生など

15:15デモ出発
西幸門-東電前-数寄屋橋交差点-東京駅(鍛冶橋駐車場前)

map


呼びかけ/合同・一般労働組合全国協議会、全国労働組合交流センター、 国鉄東京動力車労働組合、動労総連合1047協議会、全学連
連絡先/東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5F  電話 03-3845-7461



17チラシ裏

チラシのオモテ面PDFは→ここをクリック

チラシの裏面PDFは→ここをクリック


労働組合が改憲阻止の先頭に!
ストライキを復権し、安倍を倒そう


 11月5日、私たちは、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合、1047名解雇撤回を闘う国鉄闘争全国運動の呼びかけのもと、日比谷野音で「改憲阻止!1万人大行進」を行いました。
 この闘いを引き継いで、12月17日に労働組合、市民団体、青年・学生が呼びかける銀座デモを行います。一緒にデモをやりましょう!

■トランプ・安倍の朝鮮半島への戦争を止めよう!

f2894_01_01b 11月5日の行動は、米日韓の労働者がひとつになってトランプ・安倍の戦争会談を迎え撃つ大きなデモとなりました。11月12日には、韓国で、民主労総をはじめとした5万人の労働者民衆がソウル市街を埋め尽くし、「戦争をあおるトランプは帰れ!」と闘いました。
 韓国の労働者は2年にわたる断続的なゼネストを闘い、延べ1千数百万人が参加する街頭行動でパククネ大統領を退陣に追い込みました。この闘いがトランプと安倍を追い詰めています。
 ストライキとデモ、国境を越えた連帯行動こそが戦争を止める力です。
(写真:民主労総とともにデモをする動労千葉訪韓団(11月12日))


■今こそ労働組合を労働者自身の手に取り戻そう

f2886_02_02b 戦争を止め、社会を変える力は私たちの中にあります。とりわけ、労働組合が力を取り戻すことです。

 先日、トヨタ自動車など大手自動車メーカー8社が、最長4年半で有期雇用労働者のクビを切る制度を作っていたことが明らかとなりました。企業の儲けのため、青年たちを一生非正規に縛り付ける。これが安倍「働き方改革」の正体です。
 また、安倍首相は、北朝鮮の核を非難しながら、福島原発事故をなかったことにし、オリンピックだと騒ぎ立て、原発を再稼働させ、福島の子どもたちを見殺しにしようとしています。
 労働者、青年や子どもたちの命を軽んじる政治や経済、社会が戦争を生み出す元凶ではないですか?
 安倍政権は、人間の尊厳も年金も社会保障も教育も破壊しながら改憲と戦争を進めています。これに立ち向かう闘う労働組合が必要です。
(写真:動労東京八潮支部のJRに対するストライキ(10月13日))


■小池都知事の豊洲移転・都営交通民営化に反対

20171016b-1 「改憲と戦争は許してはならない」-これは戦後日本の労働組合の最大のテーマです。

 安倍首相と小池都知事は改憲の必要性で共通し、そのために労働組合の解体を狙っています。その突破口にしようとしているのが、都営交通(地下鉄・バス)の民営化です。
 小池都知事は、国鉄と同じやり方で労働者を「一旦全員解雇・選別再雇用」し、東京交通労働組合(東交)の解体を狙い、東京都労働組合連合会(都労連)の解体を狙っています。
 しかし、小池都知事の「化けの皮」がはがれ、自らの権力欲のために都民の生活や安全を投げ捨てる都知事に批判が集中しています。その闘いの先頭に立ったのが築地市場の労働者や女性たちでした。
 私たちも築地市場の豊洲移転・都営交通の民営化に絶対反対で闘います。
(写真:斎藤いくま衆院選候補(全学連委員長)とともに都庁レストラン解雇撤回座り込み(10月12日))

12・17銀座デモは誰でも参加できます。
みなさんの結集を呼びかけます!


DSC_1877
あなたも闘う労働組合に結集して共に闘おう✨
(被ばく労働拒否のストライキを闘う動労水戸。動労水戸支援共闘総会後の交流会)

名称未設定-1
 すべての労働者の皆さん、緊急署名の要請が「原発避難者の住宅の強制立ち退きに反対する署名の会」(裏面署名用紙のとおり)よりありました。
 私たち「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」も連帯して、全力でこの場から署名に取り組むことを決定しました。避難者は被告ではありません。被告は東京電力であり、この国そのものです。こんなデタラメを決して許してはなりません。
 この山形での追い出しを許せば、次は他府県、とりわけ小池都知事下の東京に及ぶのは必至です。都営交通の民営化と共にオリンピックを前に襲い掛かろうとしています。個人でも組合でもこの署名を実施し、各職場に持参し、拡散していきましよう。
 これは原発事故を隠蔽し、反対する労働者を黙らせ、戦争への道を切り開こうとするものです。圧倒的な署名運動をよろしくお願いいたします。

今日は11月最初の都庁まえ座り込みです。
17時から19時まで予定通りやりますので皆さんご参加ください。
ニュースも作りました。

no10

 11月5日、トランプ米大統領が来日し、安倍との首脳会談で北朝鮮への戦争挑発とアメリカの武器を日本が買うことがアメリカの雇用のためになるなどという約束をしました。絶対に許せません。
 これに対して日米韓の闘う労働者が11月5日日比谷に結集して、労働者の国際連帯で安倍とトランプを打倒しようと誓い合い、改憲阻止の大行進を帝国ホテルの直近の銀座で打ち抜きました。
 安倍と一体で改憲を公言しているのが「希望の党」を率いる極右・小池都知事です。
 福島の避難者追い出しに反対する署名を口実に、4月3日に小池知事に不当解雇された都庁議事堂レストランで働く柿沼さんの解雇撤回闘争は、つぎつぎと小池知事の正体を暴き始めています。

●第二回調査で
新たな証拠を提出!
 10月12日、東京都労働委員会で2回目の調査が行われました。そこで私たちは、議事堂レストランが4月15日までのシフトに柿沼さんを組み込んでいた新たな証拠を提出しました。食堂を運営する「はなまるうどん」は、4月3日に雇止めをしたにすぎないと主張していますが、店舗の現場は柿沼さんの雇用を継続するつもりだったのです。これは解雇の意思が政治的に上層部(=小池)によって決められた決定的な証拠です。
 危機感を持った小池知事は、代理人を増強して対応してきました。闘いはこれからです。

●11月2日
都議会議長が団交拒否!
 そもそも小池知事は、都庁議事堂レストランの管理は都議会だから関係ない、訴えるなら都議会にしろと一貫して逃げ回ってきました。それならばと私たちは労働側委員のアドバイスも受け、24日に都議会議長への団交申し入れを行いました。
 するとなんと議会局は11月2日、わざわざ4人も弁護士をつけて「はなまるうどんの従業員に対する使用者責任は議会にも東京都にもない」という団交拒否の回答(左)を送ってきました。すべては小池の指図であることは間違いありません。じゃあ一体誰が都庁議事堂レストランで働く労働者の責任をとるのでしょうか? 責任は議会局だと言っていた小池知事が真っ赤なウソをついていたことがますます明らかになりました。こんなデタラメのどこが都民ファーストなのか? 絶対に許せません!
kyohi


●小池の「きりたんぽ発言」は何を意味するのか?
 そして決定的な事実が明らかとなりました。小池知事は都労委の調査の翌日である10月13日の定例会見で次のような発言をしていたのです。

「来週18日からは秋田を回ります。そこで食堂で秋田県のきりたんぽ鍋などを日替わりで提供するということでございます。これを皮切りにしまして、府県ごとのご当地メニューの提供を、……都庁舎、都議会議事堂1階のレストランの方で、再来年の3月までずっと実施してまいります」
koike

 これは明らかに都庁の食堂や議事堂レストランの運営について、小池自身が自分の手足のように、直接責任をもって行っているという宣言そのものです。
 小池は不当解雇の責任については運営させている民間会社である「はなまるうどん」や議会局に押し付けて逃げようとしながら、新メニューで人気取りをしようとするときは、自分が食堂を支配していることを隠しもしなかったのです。
 メニューについては自由に口を出しているのに、柿沼さんの解雇については関係ないなどという道理は通用しません。こういう得手勝手なやり方で労働者の権利を平気で踏みにじるのが民営化であり、非正規職化であり、小池の「働き方改革」の中身なのです。
 私たちは絶対に小池のデタラメな解雇を許さず、徹底的に闘いぬきます。
 皆さんのカンパ、署名などのご支援、協力をぜひともよろしくお願いします。月に2回の都庁前座り込みにぜひご参加ください(通常第2、第4木曜日ですが、11月は第4木曜日が休日のため、30日に変更します)。

解雇弾劾ニュース9号です。

no9

 小池都知事は、安倍の解散・総選挙と同時に国政の新党「希望の党」を立ち上げました。掲げた政策は「原発ゼロ」と「改憲」。
 ふざけるな! 福島からの避難者の住宅補償を打ち切り、都庁議事堂レストランで反対署名を集めた柿沼さんのクビを切ったのは誰だ! 「東京に核ミサイルを」とついこの間まで自分のホームページに貼っていたではないか!

 一体「都民ファースト」は何だったのか? あたかも安倍政権を批判するようなふりをして、築地問題やオリンピックでさんざんパフォーマンスをやった挙句、結局は安倍・自民党となにも変わらなかった。中身は安倍と同じ。「寛容な保守」などと言いながら、踏み絵や口封じなどやっていることは自己中心の独裁そのもの。こんなペテン師が、都議選でやったよりもはるかに傲慢でハレンチなやり方で、全国の労働者民衆をだまして権力を握ろうとしているのです。すでに化けの皮ははがれ始めていますが、本当に許せません。

★今こそ反撃だ!
 こんな悪党の中の悪党が、東京都の知事に居座り続け、民営化や非正規職化などを推進すること自体が犯罪であり、許せない。小池の正体を一番知っているのは都庁の労働者です。選挙の結果を待つまでもなく、都庁の労働者の大反乱で、小池を打ち倒す時が来ています。
 そして小池と一体で極右主導の政界再編のたくらみに加担した連合指導部の犯罪的な役割も断罪しなくてはなりません。彼らは安倍政権の「働き方改革」に加担したり、小池のペテン政治の手先になったり、完全な裏切り者であることが明らかとなっています。

  立憲民主党もあたかも改憲反対であるかのように登場していますが、代表の枝野は改憲論者であり、労働者の本当の味方ではありません。

 改憲派が議会の多数を占めかねない中で、年末には北朝鮮への戦争が本当に始まりかねない情勢です。戦争に反対する労働者の職場での実力の闘いと、国際連帯こそが問われています。

 都庁ふくしま署名解雇を許さない闘いこそ、小池の正体を徹底的に暴き、小池を打倒する闘いそのものです。皆さんの力を貸してください。

 私たちは安倍と小池と対決して杉並区で立候補した、斎藤いくま全学連委員長とともに衆院選を闘うことを呼びかけます。

 11月5日には、国鉄分割・民営化と闘ってきた動労千葉、関西生コン支部、港合同の主催で安倍の働き方改革粉砕! 改憲阻止1万人行動が日比谷野外音楽堂で打ち抜かれます。トランプ訪日を直撃する大デモを成功させ、ストライキができる労働運動を甦らせよう。

◆スケジュール

●10月12日(木)
 13時半より都労委第2回調査
 17時~19時 都庁前座り込み
●10月15日(日) 安倍も小池も
 倒そう!阿佐ヶ谷デモ
 14時~JR阿佐ヶ谷駅前街宣
 午後3時デモ出発
 主催:都政を革新する会
●10月22日(日)衆院選投票日
●10月26日(木)
 17時~19時 都庁前座り込み
●11月5日(日)
 戦争と民営化・労働法制解体反対!全国労働者集会
 正午~14時 集会
 14~15時 改憲阻止アピール
 15時~1万人銀座大デモ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
都労委第1回調査と第4回団体交渉報告
●東京都労委第1回調査
 9月4日、都庁ふくしま署名解雇の不当労働行為を争う都労委第1回調査が始まりました。申立人となった東京西部ユニオンと柿沼組合員、及び20名ほどの補佐人他が大結集し、審問室を一杯にしました。
 使用者側には、第一被申立人の東京都が、第二被申立人の株式会社はなまるとともに引き出されてきました。調査なので、労使の3者がそれぞれ個別に申立の趣旨や答弁の趣旨を委員会に説明して、最後は、次回日程を10月12日13時半と決めて終了です。
 この1週間ほど前に、はなまるの方が、柿沼組合員を解雇する理由となった職場配布ビラや署名用紙を証拠として出してきました。福島署名や3・11集会等の案内です。ところがまだ出してこないのが3・31都庁デモ関係の呼びかけです。出してこれないのは、本当の解雇理由が隠されているからでしょうか。

●第4回団体交渉
 9月12日、はなまるとの第4回団体交渉が、組合側8名参加で闘われました。会社は組合が要求してきた直属の上司で解雇を通知した、店長本人の団交出席を断ってきました。店長が事実を話し、うそが発覚すると困るということで、誠実対応義務に反しています。
 会社が柿沼さんには会社側が持っているのとは雇用期限の違う契約書を渡していた問題では、また前回までの説明をひっくり返し、システムエラーではなく手入力の間違いだった、間違いに気付いた職員がいたけれど、上司に報告しないまま1年近くが過ぎたと説明。嘘で固めた不当解雇だと証明してくれたも同然です。
 最後はまだ証拠提出していないビラなどがあるはずだが隠すなと申し入れ、終了しました。
(東京西部ユニオン・山本)

↑このページのトップヘ