都庁ふくしま署名解雇を許さない会

都庁議事堂レストランで働く仲間が職場で福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を集めたら、突如解雇されてしまいました。小池都知事による政治的な解雇です。絶対に許せない!

カテゴリ: 福島の声

DSC_1109
DSC_1110

柿沼庸子さんが、衆院選最終日の10月21日、動労水戸の仲間などとともに、常磐線富岡駅延伸弾劾闘争に参加してきました。以下、柿沼さんの報告です。

一昨日からいわきに前乗りして富岡へ。
DSC_1078
富岡駅での開通セレモニー時間が当初の予定より遅れ、10時からJR東の富田社長を乗せた列車が来るというので9時前に現地入りしました。
s-DSC_1090

集合場所のコンビニ敷地内は、0.3マイクロシーベルト。
しかし 駅周辺全て津波で流された場所は更地にされ徹底的に除染してあるのでそこに設置してある線量計は0.1という数値でした。
s-DSC_1089

道路脇にはフレコンバックが丘のように積まれ、駅や民家のすぐ側にも汚染物質は置きっぱなし。
そんな中 トラックは頻繁に行き交い、現場作業員はマスクもなく仕事をしていました。
s-DSC_1087s-DSC_1067

到着後すぐに市の職員がここでやるなと通行人の邪魔になると言ってきたので
『横一線で』目一杯広がり抗議開始
s-DSC_1092
s-DSC_1119

制服警官も来ましたが道路に出ちゃ駄目ということしか言わず
『お巡りさんマスクした方が良いですよ』って言ったら『ご心配ありがとうございます』
やりたくてやってるんじゃ無くてやらされてるんだなって感じました。


DSC_1093
セレモニーに参加してるのは地元住民じゃ無くて動員された人たち。
結局40分以上もセレモニーは開始できず。

DSC_1114
DSC_1112
希望の牧場吉沢さんも参加

渡辺馨さん、ふくしま共同診療所の布施先生、動労総連合の小玉さん、辻川さんほか、動労水戸先頭にたくさんの方の怒号が響き渡り、セレモニー開催中も抗議とシュプレヒコールを叩きつけました。
attachment01_5
柿沼さんもアピール

s-DSC_1107
s-DSC_1123
s-DSC_1124
布施医師もアピール

DSC_1109

現場で働く労働者、セレモニーに来ていた人々、「復興」のためだけに建てられた学校に通う学生などから圧倒的な注目の中、「復興」式典を完全に粉砕して現地を後にしました。
鉄道ファンがTwitterでこの様子をリツイートしまくっていたようです。

JR東社長の富田への怒りは、小玉さん辻川さんを筆頭に凄まじく、国鉄の解雇者、分割民営化過程での自殺者の思いと一体で、とてつもない迫力でした。

全く元の町の面影すらない富岡での形だけの式典。そして安倍政権の破綻した福島「復興」政策に本当に憤りを感じ、何としても変えたいという思いが一層強まりました。

「この国に革命を❗」衆院選で斎藤いくま君が掲げたこのスローガンを合言葉に、もっともっとたくさんの仲間と繋がって都庁を埋め尽くして行きましょう!
s-DSC_1102


今週木曜(26日)都庁レストラン前での座り込みです。
みなさん、これからがスタートです。
たくさんの仲間と繋がって怒りを束ねていく都庁闘争にしていきたい❗
今後ともよろしくお願い致します。

柿沼庸子

20171016b-1

img_6673

DLwhYPfVYAA0iig
今日10日、衆院選公示となりました。
都庁レストランふくしま署名解雇者の柿沼は、東京8区(杉並区)から立候補した斎藤いくま全学連委員長を全力で支援しています。

党首討論では、小池「希望の党」も「原発ゼロ」。立憲民主党の枝野代表は「原発ゼロ基本法の制定」。
でもホントですか?

0171010at33_p
安倍首相の衆院選公示第一声は、なんと福島の田んぼの中。
そんなに「安倍辞めろ!」の声が怖いのか!!

DK_XpzwVAAUlQ0A
小池都知事ですが、自分のホームページで「東京に核ミサイルを」と載せていたのは有名な話です。
核武装まで言う改憲論者が「原発ゼロ」なんてウソにもほどがある!
そもそも、福島からの避難者の住宅補償を打ち切り、反対署名を集める柿沼さんを解雇したのは誰なんだ!!
それに、「希望の党」に入党した議員の大半が、原発再稼働推進派です。

DLwosEgUIAAslBN
枝野氏ですぐ思い出すのは、3・11福島原発事故時に官房長官だった時の発言です。
3・11原発事故後に最初に原発再稼働をしたのは誰ですか?
まったく信用できません。

そして枝野氏は「護憲派」ではありません。自ら認める改憲派です!
2013年に、独自の9条改憲案を出していました。

DLl3UepVwAAKqIY
DLFvxJOWAAADZ98

戦争と改憲を競い合う政党・政治家はもうまっぴらです!


7Q_A5hkA
折しも今日、福島県の住民ら3800人が原告となって、国と東電に生活環境の回復や慰謝料など総額約160億円の賠償を求めた訴訟で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は10日、国の責任を認め、国と東電に賠償を命じる判決を言い渡しました。

朝日新聞からの引用です。

原発事故、国と東電に賠償命令 原状回復は却下 福島地裁

 東京電力福島第一原発事故でふるさとの生活が奪われたとして、福島県の住民ら約3800人が国と東電に生活環境の回復や慰謝料など総額約160億円の賠償を求めた訴訟で、福島地裁(金沢秀樹裁判長)は10日、国の責任を認め、国と東電に賠償を命じる判決を言い渡した。生活環境の回復を求める訴えは却下した。

 原発事故を巡る同様の集団訴訟は全国で約30あり、福島地裁での判決は前橋、千葉の両地裁に続き3例目。
 福島訴訟では、国の避難指示が出た区域の原告は約1割。大半は福島県内の避難指示が出なかった地域の住民で、宮城や茨城、栃木の住民もいる。

 原告は「原発事故前の暮らしを取り戻したい」として、居住地の空間放射線量を事故前の水準とする毎時0・04マイクロシーベルト以下に引き下げる「原状回復」を要求。実現するまで、毎月5万円の慰謝料を求めた。

 また、原告の一部は原発事故で仕事や人間関係を失ったとして、1人2千万円の「ふるさと喪失」慰謝料も求めた。
 これに対し、国や東電は放射線量を引き下げる具体的な方法が不明確で、金銭的にも不可能などと反論。賠償も国の基準の中間指針に基づいて支払った金額で十分だとしていた。

 原発事故に対する国と東電の責任については、原告は地震調査研究推進本部が公表した「長期評価」などを根拠に、国側は原発の敷地高さを超える津波を予測できたと主張。国側は長期評価には様々な反論があったとして、「科学的根拠に乏しい」と反論した。

 今年3月に最初に判決が言い渡された前橋地裁は、国と東電についてともに津波を予見できたと指摘。対策を怠ったと認め、計3855万円の支払いを命じた。


 一方、9月の千葉地裁は国の賠償方針を上回る支払いを命じたが、国の責任は否定。東電についても重大な過失があったとは認めなかった。(朝日新聞デジタル 2017年10月10日 )

福島を返せ。ふるさとを返せ。失われたすべてを返せ!

この福島の怒りを体現し、福島への帰還強制と被ばく労働に絶対反対する候補。
そんな候補は、斎藤いくまさん(東京8区)だけです。

今日の公示では、被ばく労働拒否のストライキを闘う動労水戸のみなさんも、斎藤さんの応援に駆けつけました。
DLvqQP0UEAE4zpe

本気で体を張って戦争・改憲、原発再稼働・被ばく強制と闘う斎藤いくまさんを国会に送りましょう!

「労働者の、労働者による、労働者のための社会をめざして
新しい労働者政党のための一歩をともに歩むことを訴えます」

斎藤さんと一緒に実現しましょう!

DSC_0760
DSC_0767
DSC_0762
IMG_6440
DSC_0798
DSC_0788
柿沼も、ボランティア参加


選挙ボランティア募集中です

【斎藤いくま候補の街頭宣伝予定】

〇10月11日(水)
7:00~8:30 荻窪駅・西口
12:00~13:00 高円寺駅・北口
17:00~18:00 東高円寺駅
19:00~20:00  高円寺駅・南口

〇10月12日(木)
7:00~8:30 浜田山駅
12:00~13:00 方南町駅
17:00~18:00 久我山駅
19:00~20:00  西荻窪駅・北口

※他候補との関係等で場所を変更する場合があります。

10月12日(木)は都労委第2回調査とともに、17時~19時、都庁レストラン前座り込みをやります!
IMG_20170904_131412

本日、国会冒頭解散。
私たちはまさにその瞬間に国会前に登場し、安倍も小池も倒そう! と集会を行いました。

DKx8KcOVoAUx5or
柿沼さんは訴えます。
小池知事は「脱原発」なんて言い出してるがあの人は今年3月末で、福島からの避難者への住宅補償を打ち切ったじゃないですか! 福島署名を都庁レストランの職場で集めていた私を解雇したじゃないか! ふざけんな!

福島の現実はどうでしょうか?

28109

先日、私たちの仲間が、ある労組の事務所を訪問しました。
「うちの組合からも2人が1ヶ月くらい福島へ応援に行った。 線量の高い、原発に近いところで数十、数百億円かけて清掃工場作って8000ベクレル以下のもの、 フレコンパックなんかをどんどん燃やして、 2~3年でその工場をつぶして、また新しいものを建てて。 1兆円くらいかけてるんじゃないか?
フィルターとかドンドン濃縮されて汚染されていくから、 ドンドン工場をつぶして、それも焼却していく。 とんでもないことをやっているよ。 焼却したものはエコと称して道路のアスファルトに使うらしい。 濃縮されているから8000ベクレルどころでは なくて数万ベクレルになると思う」
と語ってくれました。
そして、「帰還と被ばくの強制反対署名」を取り組むと言ってくれました。

こういう労働組合にとって、連合の神津会長が民進党・前原代表と会談して、小池新党への合流で合意するなんてことは絶対に許せないはずです。

今こそ、都庁レストラン解雇撤回闘争を、都庁、築地、都営交通、保育園などなど、都で働く労働者をはじめとしてすべての「安倍も小池も許せん!」と怒る人々の結集の場にしましょう!

今日28日は、17時から都議会レストラン前で座り込み行動です。マイクを貸します。一緒に声をあげましょう!

そして、改憲も戦争も原発も許さない、11月6日の日比谷野音1万人行動に集まりましょう!
安倍も小池も倒そう!!

5hibiya2017omote


日時:2017年11月5日(日)

正午  ~ 11・5全国労働者集会、
午後2時~ 改憲阻止一万人大行進、デモ

場所:東京・日比谷野外音楽堂

■海外の闘う労働組合のゲスト
韓国 民主労総ソウル地域本部などの代表団約30人
ドイツ GDL(機関士労働組合)より6人
米国 ILWU(国際港湾倉庫労組)ローカル21
フィリピン PALEA(フィリピン航空地上職労組)

呼びかけ
全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
全国金属機械労働組合港合同
国鉄千葉動力車労働組合
国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動


p20131103_388

今日は関東大震災が起きた9月1日、小池知事は朝鮮人への虐殺事件について
石原知事も送っていた追悼文を拒否しました。
このような排外主義による虐殺を二度と繰り返さないという立場を
東京都知事として放棄したのです。本当に許せません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住宅追い出しが激しく進められています、復興庁の統計では東京の避難者は780人も減っています。避難者追い出し・消しさりを許さず闘いましょう。 東京の闘いが決定的です。
 
NAZEN杉並
 飯塚

8月28日の朝日新聞によると、安倍政権による避難者の抹殺がものすごい勢いで進んでいるとのことです。

「自主避難者」震災統計から除外 避難継続、疑問の声も

国が発表する東日本大震災の避難者数が4月以降、大幅に減少している。東京電力福島第一原発事故の影響で全国に避難した人のうち、「自主避難者」の避難先住宅の無償提供が3月末で打ち切られ、各市町村が自主避難者の多くを「避難者」に計上しなくなったためだ。ただ、多くは避難生活を続けている
とみられ、自主避難者やその支援者からは疑問の声も上がっている。

 震災の避難者は、避難先の市町村や各都道府県が把握する数字を復興庁がまとめている。毎月1度発表され、7月現在で全国に8万9751人。3月時点の11万9163人から2万9412人減った。内訳は、福島県1万5709人、宮城県6873人、岩手県2798人、東京都780人、神奈川県772人、埼玉県577人など。

キャプチャ 
 各県の仮設や公営住宅の入居者数が把握できた2011年11月以降では、12年6月時点の34万6987人をピークに、今年3月までの数カ月はおおむね3千~4千人で減り続けてきたが、3月から4月にかけて9493人、4月から5月にかけては1万2421人減少した。

 災害救助法に基づき、避難指示区域外からの自主避難者にも避難先の住宅が「みなし仮設」として無償で提供されてきたが、この制度が3月末で打ち切られた。福島県は「『みなし仮設』の供与が終わった自主避難者らを数から除いた」。神奈川、埼玉県も「減った大半がみなし仮設の供与が終わった自主避難者」と説明する。住まいは変わっていなくても、避難者としてカウントされなくなった人が多くいるとみられる。

朝日新聞社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらには福島県がついに住宅支援が打ち切られても立ち退かなかった避難者に対して
住宅の明け渡しと家賃の支払いを求めて提訴するという読売新聞の悪質な記事が報道されています。
あらためて原発事故の加害者、責任者は一体誰なんだということをはっきりさせなくてはならないと思います。
これら住宅支援の打ち切りを先導したのが安倍政権であり、復興庁であることを徹底的に弾劾します。


image001
9月4日の安倍と小池の被曝と帰還の強制に反対する
一日行動、阿佐ヶ谷集会に集まりましょう!

名称未設定-1

ふくしまの避難者から支援を打ち切り
避難住宅を追い出す小池都政と安倍を監獄へ!

きのう(7月16日)

この間の国のやっている悪事の映像と音楽



都庁ふくしま署名解雇を許さない会の

新たな闘いへの画像



福島から『希望の牧場』絵本朗読
福島現地より来られた方
除染労働者の生々しい声を聞かせて頂きました。

DSC_3831

除染労働者は福島に送り出されるときは
戦場に行く兵士のように称えられて送られ、
現地では犯罪者扱い
このギャップと現実に憤りを感じたと言うことと
除染労働者に実は女性が結構いるんですって言う衝撃的な発言がありました。


私達はこれから具体的にどう闘って行くのか
原発事故の責任は国であり東電であるのに
何故
誰も責任をとらないのか
今の社会の在り方
この世界の情勢に疑問を持って
声をあげる場所と
隣にいる仲間と手を繋いでつくっていきたい
そう思います。
DSC_3833

これから毎月第二木曜と第四木曜
都庁で抗議行動やります。

アーティストがそこで自分の音楽を演奏するもよし
でっかい絵を描いて抗議するもよし
花火大会スイカ割り
テント坐り込み籠城
あらゆる事を発信する場として
闘っていきたいです。

みなさん
安倍を監獄へ
全世界の労働者人民と繋がって
愛を語れる社会に
作り替えていきましょう!

限りある『命』
そこに己は何をするんだろうって

先日6月6日、NHKのクローズアップ現代
福島原発事故で発見された未知の放射性粒子─不溶性放射性粒子の特集をやっていました。
03

通常の放射性粒子は水溶性であるため、空気中から肺に取り込まれても
一定の期間で体外に放出されますが、
福島原発事故で初めて発見された水に溶けない粒子の場合は
肺にとどまり、ずっと内部被曝の原因となり続ける可能性が高いというのです。
キャプチャ

そして政府の内部被ばくの試算は、
放射性物質はすべて水溶性であることが前提なのです。

この新たに発見された粒子は福島の帰還困難区域の各地の家の中からも
発見されており、小さいタイプは関東でも見つかっているそうです。

しかもある研究では、関東に飛んできた放射性物質の8~9割が
この水に溶けないタイプの粒子であったというのです!

これが健康にどのような影響を与えるのかは
まったく未知の領域です。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3986/

このような状態で、福島が安全だと証明することは
現時点では、科学的には不可能です。

「健康に直ちに影響はない」ということと同様に、
「将来健康に影響がないとは言えない」のです。

しかも、測りやすいセシウム以外のストロンチウムなど無数に拡散した核物質の多くは
どこでどうなっているか、測る技術も確立しておらず
健康への影響がどうなるのかも含めて
まったく分かってはいないのです。

科学的に安全を証明できないところにいることを許すことは
行政上はできないことだと思いますが、
安倍政権は「安全だ」と強弁して
つぎつぎと避難指定を解除して
そこから避難している人への住宅提供すら打ち切って
強制的に戻そうとしているのです。

しかも避難解除が始まっている各自治体(大熊町、双葉町、富岡町、浪江町)では、
この未知の放射性粒子に対して
「特別な対策は行ってない」とNHKに回答しています。
09

さらに恐ろしいことは、第一原発での廃炉作業・がれき撤去作業によって、
不溶性粒子を含む放射性物質が
広範囲に再飛散していることが暴露されています。

このようなところに空間線量年間20ミリシーベルト基準で
帰還の強制を行うことは、国家による犯罪そのものだと思います。

チェルノブイリで闘い取られたような
年間1ミリシーベルトでの避難の権利をみんなの力で
闘い取らねばならないと思います。

そのために「帰還と被曝の強制反対署名」を集めましょう。

柿沼さんが解雇される直前の4月1日に参加したJR常磐線の浪江延伸に反対する被ばくの強制反対闘争。
そこで柿沼さんが撮ってきた写真集を公開します。

02
高速道路 一般車両は走っていない。原発に近付くにつれどんどん自然の色が無くなって行く。

03
 高速道路から見える景色。フレコンパックがいっぱい丘のように置いてある。

14
 復興工事してますビラが休憩所のトイレのそばに貼ってありました。

15
犬も猫も鳥も虫もいない人の気配もない浪江駅に向かう途中

12
駅前の信号機 錆び付いたまま点灯

11
浪江駅真ん前の住宅前に積み上がってる汚染物質

10
浪江駅前に設置されているガイガーカウンター

09
浪江駅前 一切機能していない商店街であったであろう場所 ゴーストタウン

DSC_2306

08
駅近くの住宅 311のまま時間が止まっている。

DSC_2298
浪江駅に到着。動労水戸副委員長の辻川さん

DSC_2308
駅に貼ってあった張り紙。

05
希望の牧場主と生き証人のベコ 被曝労働拒否で闘う動労水戸



06
ふくしま共同診療所からも応援に

DSC_2323
ここで抗議行動をするなと排除しに来たJRの社員。最後はみんな吉沢さんのビラを受け取っていきました。

07
動労総連合各地から

16
政府を代表して参加した高木陽介・原子力災害現地対策本部長にビラを渡して排除される吉沢さん

DSC_2315
吉沢さんとともに決起した牛

先日街頭署名で福島からの避難者の方と話ができました。

──────────
『年金で生活しているけど
収入が1円でも多いと住んでる家から追い出される。
来年の3月31日迄が期限で
どうしてもという人はあと2年だけ家賃を払って置いてやるみたいな状態。
若い人が家族にいる人たちは、働けるだろうと避難住宅にとどまれないし支援もされない。
もう皆 6年もたってしまって、疲れてきている』
──────────
切実な声です。

オリンピックや、企業のための復興支援には湯水のごとく国民の血税を使い、
森友や加計で私腹を肥やし、国民を奴隷扱いしている。
そうやって避難している人の支援は一切打ち切る

職場や地域で、今こそ声を上げないと戦争に向かって突き進んでいるこの社会を止められません。
子供の未来は殺し殺される社会にされます。

これが安倍 小池の正体です!
避難している人は労働組合に入って一緒に怒ろう!
ひとりは皆の為に
皆はひとりの為に
それが闘う労働組合です。
ひとりで悩まないで先ずご相談を
私達はこの隠蔽しようとしている福島の現実を真っ向から暴露していきます!

↑このページのトップヘ