都庁ふくしま署名解雇を許さない会

都庁議事堂レストランで働く仲間が職場で福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を集めたら、突如解雇されてしまいました。小池都知事による政治的な解雇です。絶対に許せない!

カテゴリ: 都労委

DSC_1899b

12月7日、東京都労働委員会にて、動労東京八潮支部に対する交通機械サービス(以下、KKS)の不当労働行為について第一回の調査が行われました。当日は組合員となんぶユニオン、動労水戸副委員長の辻川さん、そして、原発事故による福島からの避難者への住宅追い出し反対署名をしたために都庁議事堂レストランを解雇され、先月末に都労委で3回目の調査を終えたばかりの柿沼さんがかけつけました。(なんぶユニオンからの報告)

今回の初調査では、予定にはなかった組合員全員の怒りの暴露発言が次々と飛び出し、KKSの悪徳ぶりに仰天する事態となりました。労働者をとことん搾取する醜悪さはJR東日本そのものです!

KKSは12月に定年を迎える八潮支部支部長の佐藤さんに対し、定年後の嘱託発令を行わず、残った年次有給休暇を消化して、12月末日をもって退職するように言ってきました。これまでは、嘱託として再雇用するのが慣例となっているのにです。
佐藤さんは八潮事業所に長年勤め、班長として現場を動かしてきました。劣悪な労働条件を変えようと昨年12月に労働組合を結成しました。早速、KKSは組合潰しを狙った人事を発令しましたが職場の団結で粉砕されます。すると、半年雇用の組合員の契約期間を3ヶ月契約に一方的に変更してきました。
組合は10月13日に24時間ストライキを闘い、結果、非正規雇用の組合員が正社員となり、全従業員の賃上げを勝ち取りました。
1507857946831

その佐藤さんを再雇用しない理由は、組合潰し以外にありません。
組合は直ちにKKSに再雇用と団交の申し入れをしました。職場からは組合員と非組合員2名が、“佐藤さんは会社に必要な人”だという嘆願を連名で会社に提出しています。

そのような流れを受けて開始した労働委員会でした。公益委員は正社員登用を打診されたが受けなかった組合員に、なぜ正社員にならないのかを執拗に尋ねました。
その結果、正社員登用とは名ばかりで月々の賃金は下がり、半年契約の社員の給料を上回るには数年かかることが明らかになりました。また、正社員の組合員は、当時の部長が社長も同席する場で「健康であれば、65歳を過ぎても70歳まで会社は雇用するのでがんばって働いてください」と言っていたことを暴露しました。

有期雇用の67歳組合員は、“本人が希望すれば”と言うが、ほぼ自動的にみんな70歳まで働いていると実態を伝え、10月から半年契約を一方的に3ヶ月契約にされたが支給された交通費が半年分だったこと、契約期間と合わせた支給にして欲しいと会社に要求すると、会社は交通費は半年分しか出せないので半年の定期券を買うように指示されたと訴えました。
その話しを受けて別の組合員が、交通費は半年支給だが3ヶ月で退職した場合、残った3ヶ月分の交通費は最後の給料から差し引くということが就業規則で決められていると発言。既に6ヶ月定期を購入させておいて、3ヶ月分を給料から差し引く!半年と3ヶ月では割引率が違います。定期券の払い戻しは手数料も引かれます。

労働者を低賃金、非正規で雇って人件費を削減しながら、交通費も出し惜しみする。これがJR東日本です。
7月末に発表した2017年4月~6月期の連結純利益は8%増の862億円で、同期過去最高を更新しました。
その儲けを労働者に返せ!

八潮支部は都労委闘争を、小池都知事と対決する都庁議事堂レストラン解雇撤回闘争と連帯して闘います!
JR東日本の労働者搾取と組合潰しの実態を暴露し、JRで働くすべての仲間に労働組合で闘おうと訴えます!
労働者はひとつだ!


DSC_1901

DSC_1902


昨日 11月29日は東京都労働委員会の3回目調査でした。
柿沼さんからの報告です。
DSC_1806

****************************
はなまる💮の方は
柿沼は『期間満了』による雇い止め以外に理由は必要ない。
といっているにも関わらず
他の契約社員は更新され 柿沼だけが雇い止めになったのは『非行 違反行為』があったからだ
といっています(反原発署名 ビラ等々を職場で同僚に渡したこと)。

しかし
業務命令違反や就業規則○○違反等厳重注意を受けたわけではありません。

しかも 柿沼と会社側の契約書内容(契約期間)が違っていることについて、
会社側は
「柿沼だけではない、全国で同時期に72名も居たんだ!」
と言っていたくせに、
今回はなまるの鈴木総務部マネージャーは
「そのうち二人しか書類が手に入らなかった」と
たった二つだけ証拠に出してきました。

普通ならミスがわかった時点できちんと説明と謝罪があってしかるべきところを
全く隠蔽してスルーして何事も無かったように言ってくる。
そして『会社側控えは間違ってないから本人控えが違っていても問題はない』
といっています。(ビックリ仰天)
それで『期間満了の雇い止め』なんだそうです。

どれだけデタラメでどれだけブラック企業なのか自ら証明してきました(笑)

真実を知っている店長を団交に出せと言っても出さない。
不誠実極まりない不当労働行為です。


料理長が脛椎を痛めて腕が上がらなくなったのも職場の人達が死ぬほど働かされていることも
全部柿沼の言いがかりだと
職場で劣悪な環境など存在しないと言いはなっています。
身体を壊しても会社に責任は一切無いと言っています。

果たしてそうですか?

では何故 議員専用席があって
議員専用メニューがあって
議員オーダー優先で
議員出前が優先なのでしょうか?
誰一人不満もなく楽しく仕事をしているのでしょうか?
何で新人が入ってもすぐに辞めていくのでしょうか?
継承されてくような仕事の教わり方していますか?教える時間ありますか?
非正規で雇用されて保証はどこにありますか?
安心安全な職場ですか?

現場のみなさん

黙っていては殺されます
使い捨てにされます
闘う労働組合に結集して共に職場環境を変えていきましょう!

DSC_1801
(都労委からの眺め)

DSC_0815b
本日、都庁レストランでの柿沼さんの解雇撤回・労働委員会第2回調査をやりました。

詳しくはまた別途詳しく報告しますが、当該の柿沼さんを先頭に、東京西部ユニオンと合同一般全国協の仲間が13人結集。東京都と(株)はなまる側も合わせて13人。東京都側が弁護士を増強してきました。

ポイントである、東京都の責任性について、申立人側が求釈明を出しました。今後の東京都の準備書面が注目です。
また、申立人側から、「4月15日までのシフト表」が出されていたことを証拠として提出していました。雇い止めされたのが4月3日。店舗側は雇い止めする意思などなかったことは明らかです。
前回、(株)はなまる側は柿沼さんが職場の仲間に手渡したビラや「被ばくと帰還強制反対」署名用紙を証拠として出してきましたが、その中に抜けていたのが3・31都庁包囲デモのビラです。

小池都知事による避難者の住宅補償打ち切りに反対する都庁直撃のデモでした。これに大打撃を受けて、小池都知事は急きょ(株)に圧力をかけて柿沼さんを雇い止めにさせたことは明らかです。

これからますます労働委員会闘争は佳境に入ります。ぜひ注目と参加をお願いします!



本日9月4日、都庁レストラン解雇撤回の労働委員会第一回調査が行われました。

詳しくは後程掲載しますが、㈱はなまるが雇い止めの「正当性」の証拠として出して来たのがコレ。
IMG_20170904_173827

なんと、柿沼さんが就業時間外に職場の仲間から集めた福島への帰還強制反対署名用紙です!
まさに、福島からの避難者切り捨てをする小池都知事の意思を彼らの側からむき出しにしてきたのです。

ご丁寧にも、㈱はなまるは、柿沼さんがビラを入れて「あとで読んでください」と渡していた封筒も証拠として出してきました。
IMG_20170904_173853


就業時間外にビラなどを渡すのは当然自由です。
彼女が組合員として行った活動をもって雇い止めしたならそれは不当労働行為で違法解雇です!

解雇撤回勝ち取るぞ‼

今日は昼、夕方と署名がたくさん集まってます。
IMG_20170904_131543

IMG_20170904_172259


今晩19時からの阿佐谷集会へ来てください!

↑このページのトップヘ