都庁ふくしま署名解雇を許さない会

都庁議事堂レストランで働く仲間が職場で福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を集めたら、突如解雇されてしまいました。小池都知事による政治的な解雇です。絶対に許せない!

カテゴリ: トピックス

きのうNHKスペシャルで今年の春避難解除が強行された浪江町の特集が流れていました。
その多くはイノシシなどの野生動物の被害について述べられていましたが、
見逃すことができなかったのが放射能汚染が全然解決していない現実でした。

まず避難解除の目安が年間20ミリシーベルトで強行されているという現実。
(福島県以外は一般の人の被曝限度は年間1ミリシーベルトです。福島の人は普通よりも20倍被曝に強いのでしょうか?)

キャプチャ

しかも国による除染の対象は屋外だけで、屋内は除染の対象になっていない(!)
そこで専門家による調査を行ったところ

キャプチャ


キャプチャ

他よりも強い反応がある場所があった。

キャプチャ

窓が割れていなくても、換気扇などがある台所で強い放射線が計測されることが多いという。

キャプチャ

カーテンや布団などを持ち帰って、大学で検査してみたら。


キャプチャ

放射性物質が見つかった。

キャプチャ

なんと調べたすべてのサンプルから放射性物質が見つかった!
キャプチャ

しかも顕微鏡で見るときわめて微小な放射性物質も発見された。
この微小な放射性物質は呼吸によって肺に入ると内部被ばくの原因となる。

キャプチャ


キャプチャ

これらの事実は国や自治体から住民には一切説明されていない。

さらに自宅わきの竹林を調べると
キャプチャ

年間20ミリ以下だが、依然として高い放射線量が計測された。

キャプチャ

こんなところに帰還させることは犯罪ではないのか?
しかも驚くべきことは、環境省の調査で浪江町だけでも
除染後に基準値以上(年間20ミリシーベルト)を超えた場所が
なんと478か所もある
のだという。

キャプチャ

ところが「慎重な取り扱いが求められる情報」だとして具体的な場所は公表されていないのだという。
そして国は基準値よりも高い線量の場所については、住民からの指摘があれば、具体的な状況を判断して、追加的な除染を行う場合があるのだとしているのだという。

国は危険な場所を知っているのに秘密にし、住民が自力で調査して政府に要請しなければ除染しない。しかも必ずやるわけでもないのである。

これは国家による原発事故被害者に対する悪質ないじめ、虐待、犯罪ではないのか?

避難指示解除から3か月で浪江町に帰った人は264人。まちの目標は5000人。
キャプチャ

キャプチャ

帰還して3か月で街を去る住民もいた。

安倍や小池はこの現実に対して、さらに帰還と被曝の強制を拡大しようとしている。
絶対に許せない!
今日8月10日は第2木曜なので、午後5時から7時まで都庁議事堂レストラン前で座り込みを行います!
多くの皆さんの結集を呼びかけます。

suwari



朝日新聞の報道によると
小池知事は
若狭勝衆院議員が政治団体「日本ファーストの会」の設立と政治塾の開講を発表したことについて、7日午後、都内で報道陣に「国政は若狭氏に任せている。(若狭氏とは)改革の思いを共有している。国政で活躍されることを願っている」と話したそうです。そして若狭氏の政治塾の最初の講師となることも認めました。
キャプチャ

都民ファーストの会の代表を極右の野田数に任せただけでなく、
国政でも、自民党安倍も顔負けするほどの極右的な政治団体で行動を始めると公言したのです。

普通なら「国民ファースト」というのかと思いきや、
トランプの「アメリカファースト」を完全に模倣する
「日本ファースト」。
日本ファーストって何でしょうか?
他国よりも日本が一番。国民よりも国益が一番だとしか考えようがありません。
これが「都民ファースト」の正体だったのです。

トランプこそあたかも労働者の味方をするようなふりをして、
実は一部の金持ちのための政治をすすめています。
戦争推進と民営化・非正規職化こそ小池の狙いであり、それは安倍とトランプと同じなのです。

これから都政や国政で小池らが何を始めようとしているのか、
労働者の怒りに追い詰められた安倍政権を右から援護するものです。

橋下が大阪で始めた維新の会と極めて似ています。
維新は自民党を批判するようなふりをして
大阪でさんざん民営化や労働組合攻撃をくりかえしたあげく
完全に力を失い、いまや安倍が共謀罪をとおす最大の先兵となりました。
極右教育をめざした森友学園でも安倍と一体で推進していたのが維新です。
安倍と維新は森友学園問題の隠ぺいで一致して、共謀罪をとおしたのです。
同じことが東京で始められようとしています。
闘わなければ大変なことになってしまいます。

いまこそ安倍と小池を倒そう!
被曝と帰還の強制反対!都庁丸ごと民営化反対!都庁解雇撤回で闘う
明日の座り込みに参加しましょう!

毎月第2、第4木曜日午後5時から7時は都庁前座り込みです!

毎日新聞の小学生新聞です。

毎小ニュース

原発 燃料デブリを確認 東電が発表

キャプチャ

 東京電力は21日、廃炉作業中の福島第1原発3号機の原子炉を、水中ロボットを使って調査した結果、溶落核燃料(燃料デブリ)とみられる塊を確認したと発表しました。今後の廃炉作業の重要なデータとなります。
燃料デブリは、放射線を出し続ける中心で、安全に取り出すことが、廃炉の道筋の中で最も難しい作業となります。人間はもちろん、ロボットでさえも強い放射線の影響で近づけませんでした。

 今回の調査は、水中ロボット「ミニ・マンボウ」(直径約13センチメートル、全長約30センチメートル)が活躍しました。
(以上毎日新聞より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっと3号機の溶けた核燃料の一部をロボットを使って見ることができた。
これが事故から6年たった現在の最新のニュースなのです。

核燃料を撤去するのはまたまだこれからで、
それははるかに困難に満ちているのです。

これでどこが原発事故は収束していて、
なにがコントロールされてて、
復興できているといえるのでしょうか?

避難者を帰還させている安倍や小池は、このことをどう説明するのか?
安全だと言えないところに戻すのは、殺人と同じじゃないのか?

核と生物は共存できません!!
被曝の強制反対!帰還の強制を許さないぞ!!
署名を集めましょう!

きょうは明日の第3回団体交渉に向けて
レストラン前で朝ビラまきをやりました。

DSC_3769
うけとりはまずまず。
福島出身の人も安倍は許せないと声をかけてくれました。

DSC_3768

ビラまきを終えてレストランの壁を見ると

DSC_0452


DSC_0453
東京都民平和アピールと書いてあります。どんな中身?
DSC_0454

3月10日の東京大空襲の悲劇を忘れないために。。。

DSC_0455
核兵器の廃絶を機会あるごとに強く訴え、戦争の惨劇を再び繰り返さないことを誓います」
日々の生活において、平和を脅かす問題に、毅然として立ち向かい、忍耐強く取り組むことを決意します」
「私たちは、次代を担う子どもたちに、戦争の悲惨さと、それを防止することの大切さを、東京大空襲の体験などとともに語り伝えます」
「私たちはともに地上に生きるすべての人の人権を尊重し、差別を排し、思いやりと愛情をもって、誇るにたる地域社会をつくります」
「私たちは地域社会の一員として、世界のひとびとと交流し、相互の信頼を深め、協力連帯して、人類の福祉の向上に努めます」
「私たちは過去の歴史をかえりみて、ともに手を携えて、平和な世界をつくり、相次いでやってくる新しい世代に引き継いでゆきます」

このアピールの壁の中で、ブラック企業が低賃金で労働者をこき使い、被曝の強制に反対する署名を集めた労働者を簡単に切り捨てていたなんて!あまりの皮肉にびっくりしました。

まさに安倍首相が共謀罪から核兵器禁止をボイコットして戦争へと突き進み、
核武装を支持する小池知事が、議会の多数をとった「都民ファーストの会」の代表に極右の野田数を据えたことと
立ち向かう宣言そのものですね。

私たちは、あらためて「平和を脅かす問題に、毅然として立ち向かい、忍耐強く取り組む決意」を
新たにしました。

DSC_0464

キャプチャ
本日ニューヨーク国連本部で採択された「核兵器禁止条約」を
日本政府が核武装国と共謀してボイコットしました!
日本の被爆者が支持を訴えて採択された条約を
日本政府がボイコットするという信じられない事態になっています。

政府は「北朝鮮の脅威」を理由にしていますが、
まさに安倍と北朝鮮政府が
核武装を肯定する同じ穴のムジナであることを証明したのです。

核兵器の材料をもたらす原発政策を放棄しようとしない安倍政権
原発事故をなかったことにするために帰還の強制を強行する安倍政権や
核武装を支持してきた小池知事の正体がここにあります。

戦争法から共謀罪、不当解雇、そして核禁止のボイコットと
日本はとんでもない道を進み始めています。
絶対に許せません!!

核戦争の危機はこうして安倍やトランプらによってつくられているのです。
今こそ声を大にして徹底弾劾しましょう。
「核戦争反対!」「被曝の強制反対!」「解雇撤回!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

核兵器禁止条約採択、米など反発 日本は「署名しない」

7/8(土) 10:36配信

朝日新聞デジタル

続きを読む

小池のあとに都民ファーストの代表になった野田数というひとがどういう人なのかが
ネット上でも大騒ぎになっています。
デイリー新潮の報道を紹介します。


「都ファ」新代表の「人柄」とは 「国民主権放棄」「公金横領疑惑」「ハレンチ豪遊」
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/07031910/?all=1

1

「都民ファーストの会」の代表、野田数氏

 東京都の小池百合子知事は2日に行われた東京都議選の結果を受け、第1党に躍進した「都民ファーストの会」の代表を3日付で辞任する意向を明らかにした。党代表と首長の「二足のわらじ」に二元代表制の観点から懸念が示されていることを受けての即断だった。

「私は知事に専念する形で、代表は野田氏に戻していきたい」と語る小池氏だが、都民ファーストに投票した都民たちのなかには「小池さんが代表だから投票した」という思いがあるのではないだろうか。再度代表となる野田氏に関してはどのような人物であるのか、まったく知らないという方も多いだろう。

 野田氏は2009年に自民党から都議選に出馬して当選。2012年に離党し、当時橋下徹氏が代表を務めていた「日本維新の会」との連携を目指し「東京維新の会」を立ち上げた。その後2012年都議会議員を辞して「日本維新の会」公認で衆議院議員選挙に出馬するも落選。翌年には再度「日本維新の会」公認で東京都議選に出馬するも落選した。

国民主権を放棄すべき

 野田氏は「東京維新の会」時代の2012年10月に『「日本国憲法」(占領憲法)と「皇室典範」(占領典範)に関する請願』を都議会に提出している。これは現行憲法を無効として戦前の大日本帝国憲法の復活を求めるという請願だ。「国民主権」を「傲慢な思想」と断じて「直ちに放棄」すべきという主張には、憲法改正を目指す勢力も膝を打つに違いない。この請願は反対多数で採択を免れ、維新の会の橋本代表にも「ありえない」と不快感を示され、連携も停止となった。

 2日のBS-TBS「週刊報道LIFE」都議選開票特番に出演した野田氏は、キャスターの松原耕二氏に、この憲法観は変わらないかと問われた。すると野田氏は「都民ファーストではその立場はとらない」と釈明。では当時なぜ賛成したのかと松原氏に突っ込まれると、「当時の石原サイドからの依頼で……。お付き合いで」と野田氏は言葉を濁した。

 憲法という国の根幹にかかわる問題についてのスタンスを“お付き合い”で決めるあたりは斬新ともいえるかもしれない。

公金横領疑惑

 13年の都議選に落選後、維新の会の事務局からの紹介でアントニオ猪木参議院議員の政策担当秘書を務めることとなった野田氏。しかしアントニオ猪木議員が「週刊新潮」5月25日号のインタビューで語ったところによると、野田氏は猪木事務所の公金を横領していたというのだ。

 猪木氏によれば、野田氏は事務所の文書通信交通滞在費や政党助成金を猪木氏に内密に差配し、自由にカネを引き出していたという。猪木氏の調査の結果「クラブやキャバクラでかなりのお金を使っていることが判明」したというのだ。また野田氏名義のクレジットカードの支払いが、アントニオ猪木後援会の銀行口座からされていたことなども発覚したと猪木氏は主張する。それらの疑惑の末、野田氏は秘書を解雇となった。

 その後猪木氏は不透明なカネの使いみちについて説明を求めていたものの、十分な回答が得られず、14年12月に告訴状を提出した。

「小池知事とは、付合いもないしよく知らない。人にはそれぞれ生きる権利があって、つべこべ言うつもりはない」という猪木氏。しかし「彼は今、権力の中枢にいるわけです。でも、私が指摘したような問題のある人だとは、誰も思っていない」と告白するに至った心境を語った。

 この疑惑を問いただした「週刊新潮」の質問状に対し野田氏は「これまで一度も警察や検察から事情聴取はおろか連絡を受けたことすらなく、また、猪木寛至参議院議員及び同代理人から上記金員につき着服したとして返還を求められたこともありません」と回答。金は全て猪木氏の指示に基づき猪木氏のために使ったと主張する。

 繁華街での遊びは今もお好みのようで、この報道の直後「週刊ポスト」6月2日号でポールダンサー嬢らとの「六本木ハレンチ豪遊」が報じられた野田氏。都政の第1党となったいま、都民の目はどこにでも光っていることを忘れないで頂きたい。

デイリー新潮編集部  2017年7月3日 掲載

今日の沖縄タイムズで政府の基地政策を批判した元組合役員が
国家公務員法を口実に処分を受けていたという報道がありました。

キャプチャ
これは職場で小池知事批判の署名を集めたことで解雇された柿沼さんと同じ問題です。
しかもなんと処分を受けた日も3月31日でまったく同じ時期です。
安倍と小池は同じことをやっているということです。
このような不当処分は絶対に許せません!!

弾圧された労働者の働く沖縄総合事務局開発建設とは、
内閣府直属で政府の沖縄振興策などを
担ってきた部署のようです。
安倍政権のおひざ元で、
本来労働者民衆を守るべき公務員が
戦争のための基地に反対して
労働者としてきっぱり声をあげたことは、すばらしいことです。
だからこそ安倍は我慢ができなかったのだと思います。
だからこのような決起を、今こそどんどんやるべきなのです。

安倍政権は自分たちの無数な不法行為については
「問題ない」とか「根拠がない」「怪文書」「撤回した」「反省した」「言論の自由」などといって
一切何の責任も取らないくせに
自分たちを批判する労働者の行動については
ありとあらゆる手段で
徹底的に弾圧するのです。
それは安倍のお友達の小池も何も変わりません。
plt1608040024-n1

ふざけるんじゃない!!

徹底的に闘うのみです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
政権批判発言で訓告処分 沖縄総合事務局の前労組委員長 夏季賞与も減額
                      7/2(日) 6:15配信 沖縄タイムス

続きを読む

↑このページのトップヘ